文春オンライン
「もう『行くでー!』って感じで道頓堀まで来てん」道着姿で優勝を祝う女性の“強烈すぎる阪神愛”

「もう『行くでー!』って感じで道頓堀まで来てん」道着姿で優勝を祝う女性の“強烈すぎる阪神愛”

阪神タイガース優勝、狂乱の道頓堀 #2

  2023年9月14日、18年ぶりのセ・リーグ制覇を果たした阪神タイガース。ファンの一部や野次馬は、恒例行事を楽しむように道頓堀・戎橋周辺へと集った。

 厳戒な警備の甲斐あってか、事故につながるような大きなトラブルはなかった。しかし、自治体から発表されていた「節度ある行動のお願い」が守られていたかには疑問も残る。あの瞬間、狂乱を形成する一部となっていた人々はどんな思いでいたのか。

 ここでは道頓堀に集った熱烈な阪神タイガースファンの喜びの声を紹介していく。

ADVERTISEMENT

阪神タイガースの優勝を喜ぶ中村佐代子さん

  ◆◆◆

 いやーもう最高やね。最高。

 今シーズンは優勝するもんやと思っとった。だって岡田(彰布)さんとか田淵(幸一)さんとかの頃からずっと阪神ファンやもん。ここ最近、優勝は逃しとったけど、そんなん気にせえへんよ。阪神を応援してんねんから。いつも優勝すると思って応援してるよ。

 普段は美容関係の仕事をしてんねんけど、今日は息子の空手の道着を借りてきてね。気合いを入れて、「今日甲子園で決めてやるぞ!」っていう気持ちの現れやね。

 家がここから近いから、もう「行くでー!」って感じで道頓堀まで来て。やっぱり阪神ファンの皆と喜びを共有したかってん。18年ぶり。やっとこさやもん。

選手の応援歌を合唱しながら盛り上がる阪神タイガースファン

 1985年に優勝したとき、あれがほんま最高やったから。バブルの絶頂期ってこともあってか、もう大盛り上がりやったんよね。

 CSも日本シリーズも阪神が勝っていくことを信じてますよ。当たり前やん! 当たり前田のクラッカーや!

「もう『行くでー!』って感じで道頓堀まで来てん」道着姿で優勝を祝う女性の“強烈すぎる阪神愛”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事