週刊文春 電子版

笑い飯が見た“地獄”

「笑い神 M-1、その純情と狂気」第1回——富も人気も一夜で手にできる「M-1」に賭けた漫才師たちの物語。

中村 計

PICKUP!

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ ライフスタイル

 M-1で勝つよりも、まず、笑い飯に認めて欲しかった――。

 2018年のM-1後、あと一歩のところで決勝進出を逃したひと組の漫才コンビに焦点を当て、本誌に「敗者たちのM-1グランプリ プラス・マイナス『奇跡の3分』」という物語を書いた。彼らや、彼らの周辺の芸人は、ことごとく冒頭のようなセリフを口にした。

 もはや年末の風物詩となった漫才日本一を決める日本最大のお笑いイベント、M-1グランプリで優勝すれば、一夜にして世界が変わる。富も、名声も、人気も、一度に手に入れることができる。現代の芸能界で、これ以上のシンデレラストーリーはそうはない。にもかかわらず、「ミスターM-1」と称される笑い飯による承認は、M-1王者に匹敵するほどの価値があったという。
 

 

 ◯◯に認めて欲しい。それまで、このブランクに入りうる人物は、この世界では、ただ1人だけだと思っていた。笑いの神、ダウンタウンの松本人志である。

 だが、違った。

 おでこに「火山」が2つ隆起していた。ぎょっとするほど大きく、赤かった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月4日号

文春リークス
閉じる