週刊文春 電子版

カジノ・ロワイヤル

人生エロエロ 第459回

みうら じゅん

連載

エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 子供の頃はいい人、悪い人、せいぜい面白い人、面白くない人ぐらいの分け方だったけど、それがいつしか自ら進路を決めなければならなくなった時、憧れの対象としてヘンな人の存在が浮上してきた。

 ここでのヘンな人とは、凡人がなかなか理解し難いいわゆる芸術家肌の人物を指すが、上京し知り得たW氏は先輩の中でも取り分けヘンな人だった。

「あんた、今、セックスしてるでしょ?」

 と、気が向くと昼夜問わず電話を掛けてくるのだ。世間的に言う代表作こそないが、W氏の漫画はヘンな人でなければ描けない貴重な代物。大いに影響を受けていたこともあり、無下に出来ず、毎度、その禅問答のような問い掛けに難儀した。

 でも、どんな状況であれ見ぐるしいほど愛されたい(糸井重里氏Ⓒ)な僕としては、

「してる最中です!」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月18日号

文春リークス
閉じる