週刊文春 電子版

なめなきゃいかんぜよ|みうらじゅん

人生エロエロ 第460回

みうら じゅん

連載

エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

“愛妻家”というのは、あくまでまわりが下す評価であり、自ら「ボカァー、愛妻家だから」と、やたら吹く人はどうも怪しい。

 知り合いのK氏はその自称・愛妻家。しかし、今、思うとそれは“恐妻家”と、呼ばれたくないがための防御策だったのではなかろうか。

「愛してる?」

 と、聞かれるようじゃ手遅れ。愛妻家ともなると妻との日常の会話の中にも「愛してる」をふんだんに挟み込むからね、と言う。

「それって、しつこくないの?」

 と、返すと、

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる