週刊文春 電子版

小園健太(横浜DeNAベイスターズ 投手)「横浜の18番は重い番号。横浜の18番といえば小園、と言われるような結果を残せるように頑張りたい」|鷲田康

野球の言葉学 第599回

鷲田 康
エンタメ スポーツ

 ヤクルトが20年振りの日本一に輝いた日本シリーズ。1点差ゲームの連続の中でも劇的だったのが延長12回、5時間に及ぶ熱戦となった第6戦だった。

 その試合の最後の最後に決着をつけたのは、ヤクルトの代打の切り札・川端慎吾内野手(34)である。前回、日本シリーズを戦った2015年には首位打者として出場した川端だが、その後は腰痛に苦しみ、二度の手術を受けるなど、低迷が続いてきた。しかしようやく今季は代打の切り札として本格的に復活を果たし、見事にチームの日本一にも貢献することになった。

 しかも実はリーグ優勝を決めた試合の打席で右太ももの肉離れを起こしており、巨人とのクライマックスシリーズ(CS)、この日本シリーズとまともに走れない状態での出場だったという。それでもどうしても川端の“ひと振り”を必要と考えた高津臣吾監督と、「走塁は一塁まで限定」という約束で出場。巨人とのCSでは第2戦で菅野智之投手からシリーズの流れを決めた押し出し四球を選び、この日本シリーズでも優勝を決める左前安打を放って、切り札としての存在感を示した。

 そんな川端と同じ“野球遺伝子”を持つ選手が、DeNAにドラフト1位で入団した小園健太投手(18)である。

 実は川端の父・末吉氏は知る人ぞ知る少年野球の指導者で、いまも大阪・貝塚市で「貝塚ヤング」という少年野球チームの監督を務める。そこで育ったのが小園なのである。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月16日号

文春リークス
閉じる