週刊文春 電子版

まさかここで終わるとは……ひなたは如何に生まれるか

テレビ健康診断

亀和田 武
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 なんじゃこりゃあ! 多くの人が、テレビの前で、『太陽にほえろ!』の殉職シーンで松田優作が口にした台詞を叫んだはずだ。

 朝ドラマ『カムカムエヴリバディ』安子編の最終シーン。娘のるいから、一緒に暮したくないと拒絶された雉真(きじま)安子(上白石萌音)は放心状態となり、自分に求愛した進駐軍将校ロバート・ローズウッド(村雨辰剛)に、アメリカへわたしを連れていってと口走る。

 どうした、安子! るいが命じゃ、宝じゃと言ってた安子が娘を置いてアメリカに行くなんて。

 失踪した兄の橘算太(たちばなさんた/濱田岳)を大阪で探すうち、疲労で安子は昏倒。眠りから覚めた安子を、ロバートが介抱する。ハグをする二人を、母に会うため家出してきた娘が、ボロ家の外から窓越に見てしまう。

 再会した娘は、とりつくしまもない。近づくと、るいは額の傷を見せ、憎しみをこめて「I hate you」(大嫌い)と言い放つ。これで親娘のつながりが終ってしまうなんて。るい、機嫌を直してとか、言葉をかけてやらにゃ。こんな悲惨な結末なんてという憤りの声がSNSにはあふれた。

2代目ヒロイン・るいを演じる深津絵里 ©getty

 好きなドラマだったんだけど。特に最初の二、三週ね。英語が喋れる大学生の雉真稔(松村北斗)に憧れ、早朝のラジオ英語講座を聞く安子。夏休みが終り、大阪へ帰る稔に「メイ アイ ライト ア レター トゥ ユー?」と、たどたどしいけど必死で伝える姿が健気だった。もちろん僕も書くよと稔。「安子はまだ、ほんの十四歳でした」のナレーションが重なる。

 夏休み。二人で入った喫茶店で、ルイ・アームストロングの「On the Sunny Side of the Street」が流れる。日向(ひなた)の道を歩こう、か。そう呟く稔を、うっとり見つめる十四歳の安子。二人して日向の道を歩く。その想いから「るい」「ひなた」の名が生まれた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月13日号

文春リークス
閉じる