あなたの味方です(SNS上での有名人たち)|能町みね子

言葉尻とらえ隊 第556回

能町 みね子
ライフ ライフスタイル

 人の死の消費のしかたについて考えたい。

 あえて「消費」という残虐な言い方を選んで書いた。

 弔意をすごくカジュアルに表明できるようになった。有名人が亡くなったとき、ツイッターに、その人の思い出とともに「R.I.P.」なんて書く人がいる。日本語話者なのにどこかカッコつけてるとすら思う。泣き顔の絵文字をつけるような人もいる。追悼の思いが嘘だとは思わないけれど、その軽いタッチは他人事だからできることだ。SNSがなかった頃は、有名人の死については実際こんな書き込みくらいポップに知人同士で語り合い、話題は流れていっただろう。それが文字となり、記録として残ることで、妙な寒々しさ、酷薄さが浮き上がるようになった。私はこんなふうに、記号的に人を追悼することにかなり抵抗がある。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年7月27日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる