昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/01/03

genre : ライフ, , グルメ

03月01日(木)休養村とうぶ

 東京都大田区の保養宿泊施設という公共の宿。大田区民は特別価格で宿泊できるが、一般の人も泊まれる。ホテル別棟は個性的。敷地内に移築した古民家で一棟を貸し切ることができる。キッチンがあるので自炊ができ囲炉裏の火も囲める。12.5畳が4室と広々しており床暖房も完備。それぞれの部屋はふすまで仕切れるのでプライベートも守られる。1棟3万円(一般/10人までの料金/区民以外)と、家族や友人・グループでお得に楽しむことができる。

趣のある古民家(休養村とうぶ)
浴場(休養村とうぶ)

03月06日(火)ヒルトン小田原リゾート&スパ

 東京から至近のリゾートホテルにも注目している。何かあってもすぐに東京へ戻れる安心感も魅力だ。小田原の地に圧巻の規模を誇るホテルで眺望抜群。宿泊したのはゆったり落ち着く和洋室で、デイベットの下部にコンセントがあるなど使い勝手が良い。プールからフィットネス、天然温泉大浴場といった充実のスパ施設は宿泊者無料。評価の高いディナーブッフェのおすすめメニューの一つは、箱根山麓豚のカツ丼。

和洋タイプの客室(ヒルトン小田原リゾート&スパ)
デイベットの下部にはコンセントが(ヒルトン小田原リゾート&スパ)

03月11日(日)コルディオプール&ヴィラズ 済井出

 沖縄自動車道を許田まで行き、さらにに北上した屋我地島にあるコンドミニアム。全棟プライベートプール付きで、プールサイドにはパラソルとチェア、ダイニングテーブルがあり、ディナーはプライベートバーベキューを楽しめる。宿泊したヴィラの間取りは3LDK。調理器具完備のキッチンにリビング、ダイニング、バスルーム。寝室は洋室2室、和室1室で112平米という贅沢さ。8人まで宿泊でき、トップシーズンでもリーズナブルなのは魅力。

全棟プライベートプール付き(コルディオプール&ヴィラズ 済井出)
バーベキューも楽しめる(コルディオプール&ヴィラズ 済井出)

03月12日(月)カフー リゾート フチャク コンド・ホテル

 ザ・リゾートホテルというべき素晴らしいホテル。広々バルコニーからはもちろん海を一望。何よりも感心したのが清掃だ。ハウスキーパーを自社雇用していると聞いて納得。ハイレベルなベッドメイクは感動的ですらある。わかりやすい照明スイッチの表記にも感心。リゾートホテルステイの愉しみであるディナー、おすすめのダイニングは「Wine&DiningTheOrange」。シェフの気遣い溢れる一皿一皿には五感に訴えるストーリーがある。

ハイレベルなベッドメイク(カフー リゾート フチャク コンド・ホテル)
バルコニーから海を臨む(カフー リゾート フチャク コンド・ホテル)

03月13日(火)別府温泉 竹と椿のお宿 花べっぷ

 久々の旅館ステイは別府。女性目線の気遣い溢れる人気の宿へ。ホテルライクな快適さと旅館の温かさが同居し、レトロな懐かしさも感じつつモダンで新しい空間が新鮮。大分といえば竹工芸が有名だが、エントランスからロビーには1万本以上の竹ひごを用いた圧巻のパーテーションが。夕食で提供された別府の後藤豆腐店の豆腐が旨い。料理長手作りのポン酢も絶品。ご飯の美味しい朝食といい、料理は旅館ステイの要だとしみじみ思う。

エントランス(別府温泉 竹と椿のお宿 花べっぷ)
レトロかつモダンな空間(別府温泉 竹と椿のお宿 花べっぷ)

03月15日(木)グランド ハイアット 福岡

 福岡を代表する外資系ラグジュアリーホテル。開業20周年に当たる節目の2016年、客室の改装が為され生まれ変わった。東洋と西洋の融合美が印象的。自宅にいるようなくつろぎを踏襲しつつレジデンス感ある高いデザイン性もあり、快適なホテルステイが実現できる。客室はグランドクラブがおすすめ。専用ラウンジの利用、専属コンシェルジュによる各種サービス、フィットネスクラブ利用など数々の特典がありワンランク上のステイが楽しめる。

改装された客室(グランド ハイアット 福岡)
グランド・クラブ ラウンジのカクテルアワー(グランド ハイアット 福岡)
z