昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

「死と自分がどう向き合うか?」 ネットでは調べられない本質とは?

『「死」とは何か』(シェリー・ケーガン 著)――ベストセラー解剖

2019/01/16
『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義』(シェリー・ケーガン 著/柴田裕之 訳)

 誰もがいつかは向き合わねばならない「死」を、哲学的に考察する翻訳本が売れている。原著はイェール大学の人気講義を書籍化した大著で、日本語版はそのエッセンスを著者監修の元で凝縮した「縮約版」。

「哲学的な死の考察というと『魂とはなにか?』といった形而上学的な議論から始まりがちです。原著の前半もそうした内容で、魅力的ではあるものの、やはり後半の『死と自分がどう向き合うか?』の具体的な議論の方が日本の読者には重要だと感じました。そこで著者に前半部を割愛したいと相談したところ、その内容の要約文を書き下ろし、さらに、後半部の、前半を踏まえないと読みづらい箇所に手を入れてくださった。著者自身が日本の読者を強く意識し、死を通して人生を考えるというテーマが鮮明になりました」(担当編集者の宮本沙織さん)

 本書で主に展開されるのは「死」の「価値論」。「死はなぜ悪いのか」「可能だとしたら不死を手に入れたいか」など、刺激的な論点が詳細に考察される。

「昨今はいろいろなことがインターネットで調べられます。簡単なノウハウを学ぶのはそれで済みますが、やはり『死』のようなテーマは、検索して出てきた情報だけでわかったつもりにはなれない。本は自己対話のツールとしてよくできています。これからも本書のように考えさせる内容は、求められ続けるのではないでしょうか」(宮本さん)

2018年10月発売。初版1万3000部。現在6刷12万部

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

シェリー・ケーガン,柴田裕之(翻訳)

文響社

2018年10月5日 発売

出典元

<紅白出場>純烈メンバー 「凄惨DV」と「三千万」使い込み

2019年1月17日号

2019年1月10日 発売

定価420円(税込)