昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

自殺、夜逃げ、事件……「事故物件」に住んだ芸人の奇妙な体験談

『事故物件怪談 恐い間取り』(松原タニシ 著)――ベストセラー解剖

2019/01/24
『事故物件怪談 恐い間取り』(松原タニシ 著)

 自殺、夜逃げ、事件、事故……以前の入居者がワケありで退去した、いわゆる「事故物件」にまつわる奇妙な体験談を、間取り図と合わせて紹介した、ユニークな怪談本が話題だ。著者は「事故物件住みます芸人」として、ウェブやラジオを中心に活躍するタレント。

「こんな本を作っておきながら、どちらかというと私自身は怪談が苦手なんです(笑)。著者を知ったのも、そもそもは珍しい物件に対する関心からの流れでした。しかし、『盛った』ところがなく、実体験を淡々と語るだけなのにしっかり怖がらせる話の構成力や、芸人さんならではのユーモアのある語り口に惹かれて、怖い話の原稿をお願いすることにしたんです」(担当編集者の千田麻利子さん)

 初著作であり、版元も怪談本が得意なわけではない。そんな状況からのヒットの背景には、書店の助力と著者の地道な活動があった。

「刊行直後から、文芸コーナーを担当する日本各地の『目利き』の書店員さんが推してくださったんです。くわえて、もともと著者が日本各地を『怪談ライブ』で回られていたことで、広い地域で着実にファンを獲得していたのも大きかったですね」(千田さん)

 スタイリッシュなデザインの力もあってか、女性読者を中心に、あまり怪談本を手に取らない読者層にも届いているとか。怪談本ニューウェーブが生まれるか。

2018年7月発売。初版4500部。現在16刷8万部

事故物件怪談 恐い間取り

松原 タニシ

二見書房

2018年6月26日 発売

出典元

韓国<文在寅大統領>には「国際羞恥プレイを」

2019年1月24日号

2019年1月17日 発売

定価420円(税込)