昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「温泉らくご」も「八ッ場ダム」も……草津温泉を二泊三日でどれだけ楽しめるか

群馬県「草津温泉」――山崎まゆみの二泊三日の温泉三昧

2019/01/26

「温泉らくご」にやってきた

 1日目の夜は定宿「奈良屋」で夕食をいただいた後、「温泉らくご」へ。365日、20時から40分ほど落語が愉しめる。日中は湯もみショーの会場となる「熱乃湯」が舞台だ。日本に演芸場は数あれど、湯けむり越しの舞台はここだけだろう。浴場の音響効果か、湯けむりがそうさせるのか、噺家の声の響きに艶と温もりを感じる。

湯もみショーで有名な観光施設「熱乃湯」。温泉らくごが愉しめる。
私の行程表

2日目は、話題になっている「八ッ場ダムぷらっと見学会」に参加。なかなか見る機会のないダムの工事現場は、好評につき、見学期間が2019年3月まで延びた。この晩も草津に宿を取る。湯畑の足湯の奥にある「湯畑草菴」は、簡単な朝食のみが付く宿。夕食は、湯畑周辺の食事処で、旅館料理と目先を変えて中華をいただく。3日目は、時間に余裕があれば、残りの共同湯を巡って湯の違いを味わいたい。草津は2泊しないと慌ただしくなる。

 2018年は自然災害の多い年だった。観光地も大きな被害を受けたが、元気を取り戻した草津のように復興することを祈りたい。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

オール讀物をフォロー