昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

佐野史郎さんがほめてくださったなんて、到底信じられない

――え、うれしくなかったんですか。山口さんが「奇跡だと思った」と紹介している記事もありました。

山口 現実のこととして受け止めきれなかった(笑)。あり得ないと思って。無理だって言いましたもん、私、できないって。夢でもこんなに都合よく物事は進まないだろうと。

――さすがに2本連続主演がくるとは思って……。

山口 まったく、まったく。私も含め、誰も予想だにしなかったと思いますよ。しかも『ブラックスキャンダル』で、主演がどれだけ大変かを思い知ったあとだから、これはちょっと無理だと思ったんですけど。一方で、せっかく期待をかけてくださる方がいらっしゃるのならお応えしたい、というのもあって。原作も脚本もとても興味深かったから。

 

――スタッフの方に聞いたんですけど、佐野史郎さんが山口さんの演技をすごく評価していらっしゃると。

山口 全然そういうふうに見えないんですけど……ご本人と直接お会いしても、変わらず普通ですよ。『SICK’S』(Paravi)の現場でもそうです。私が監督に演出されたことを一生懸命に演じていたら、少し離れたところからこちらを見て、冷めた目で、うっすら笑みを浮かべていらっしゃる。だから、「何ですか」「ダメ出しですか?」って聞いたんです。そしたら、「いや。頑張ってるなと思って」って。私のことを小馬鹿にするんですよ(笑)。だから、「はい、頑張ってますが、何か?」って、そういうやりとりはありましたが……佐野さんがほめてくださったなんて、到底信じられない。

 

――佐野さんは「山口さんの振り切った演技がスゴい」と言っているそうです。

山口 嘘だー。ないです。それは誰かの作り話だと思います(笑)。