昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“日本一腰の低いJクラブ社長”森島寛晃「2カ月で名刺1000枚配りましたわ」

セレッソ大阪新社長・森島寛晃インタビュー#1

2019/03/15

 Jリーグ開幕以前の1991年にセレッソ大阪の前身ヤンマーに入社し、2008年の引退後もクラブひと筋で歩んできた森島寛晃氏。昨年12月セレッソ大阪の新社長に就任した。レジェンドがクラブの経営者になるのは日本では異例のこと。

「じつは一度は社長就任を断っていた」という森島氏。長居にある社長室を訪ね、新しい仕事の日々について聞いた。(全2回/2回目へ続く

セレッソ大阪の新社長・森島寛晃さん

◆◆◆

もう1000枚前後、名刺交換しました

――森島さんと言えば丸刈りのヘアスタイル。でも、ちょっと伸びてきていますね。社長になって、丸刈りはやめようと?

「いや、ちゃうんですよ。行く時間がちょっとなくて、散髪に行けてないんでね。このようにボサボサなんですわ」

――やはり社長業は大変なんですね。

「昨年末に就任して、今は行政、スポンサー、ホームタウンを中心に挨拶回りをさせてもらっています。それでも開幕した今も、全部回り切れていないので、早くみなさんにご挨拶しないといけないな、と思っています」

――社長室の机に名刺ケースが置かれていますが、もうどれくらい名刺交換されたのですか?

「どれぐらいでしょうね。毎回、300枚ずつ会社に頼んでいるんですけど、1000枚は超えていると思います。でも(社長が)言うことが嘘やったらアカン。1000枚前後ということにしておいてください」

――配った方全員の顔と名前を覚えるのは大変だと思うのですが。

「いやあ、大変です。僕、学校でも歴史とか覚えるのが苦手やったんですよ。でも今は名刺管理のアプリがあるんでね、ちょっとそこは助かっています」

「株式会社セレッソ大阪」代表取締役社長、森島さんの名刺