昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

光石研『デザイナー 渋井直人の休日』の“おじさんドリーム”にゾワゾワする理由

おサレ感や恋愛モードを求めていないはずだけど……

2019/03/21

 さて、ここで問題です。近くにいると鬱陶しいのに、テレビ画面で見るとつい癒されてしまうものってなんでしょう。

 キーボードに乗ってくる猫? 恋愛トークを繰り広げる女子高生? ベッドにもぐりこんだ大型犬?

 正解は「わちゃわちゃするおじさん」です。

おじさんドラマのバブル到来か?

 昨年の『おっさんずラブ』(テレビ朝日系列)大ヒットを受け、ドラマ内でおじさんの価値が急上昇した感がある2019年。冬ドラマでは退職刑事の西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣らがシェアハウスに住み、新人刑事とともに事件を解決する『メゾン・ド・ポリス』(TBS系列)や、閉ざされた空間に浜野謙太をはじめ、終始おじさんばっかり出てくる『面白南極料理人』(テレビ大阪制作)など、おじさんをフィーチャーした作品もスマッシュヒット。

 また、4月からは天海祐希兄さんがコワモテ刑事を率いる『緊急取調室』(テレビ朝日系列)の新シーズン、高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が揃う『東京独身男子』(テレビ朝日系列)、さらに西島秀俊と内野聖陽が同居カップルを演じる『きのう何食べた?』(テレビ東京系列)もスタートし、まさにおじさんドラマのバブル到来といった感も。

52歳独身、フリーランスデザイナーの日常

 そんなわちゃわちゃしたおじさんたちがドラマシーンを席巻する中、なんとも言えないおサレ感と気恥ずかしさとをミックスした世界観を背負い、1人頑張るおじさんが存在するのをご存知でしょうか。

“1人頑張るおじさん”を演じる光石研 ©文藝春秋

 ドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』(テレビ東京系列)で描かれるのは、52歳独身、フリーランスデザイナーの日常。渋井直人を演じる光石研は、これが連続ドラマ単独初主演。ストレートに切り揃えたまことちゃんばりの前髪とマーガレットハウエルっぽいダッフルコート、対照色のマフラー、足元はクラークス、手には白地のキャンバストートと、抜け感満載のファッションで抜け感満載の休日を過ごします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

渋井直人さん(@shibuinaoto)がシェアした投稿 -

番組公式Instagramより