昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

Googleマップに代わる「最強の地図」はある? 5つの地図アプリを徹底検証

強いゼンリンは「ゲームチェンジャー」になれるか

2019/04/04

(5)Googleマップ

https://www.google.co.jp/maps

・番地の表示 あり
・狭い歩道の再現度 低い
・建物の形状の再現度 標準的        
・店舗の名称数 多い
・マンションの名称数 標準的
・バス停の表示 なし
・地下鉄の出口の再現度 標準的

google mapの店舗数も多い
Googleマップでは異なるフロアへのナビも可能となっている
GoogleマップはYahoo!地図のアプリ版と比べると店舗名では劣る。その代わりに掲載された店舗については開店時刻や口コミなどの情報が充実している

 歩道を含む道路の再現度については、不具合が数多くみられた。しかし、掲載される店舗数は現時点でも非常に多い。ナビゲーションについての精度は最も高く、使い勝手もよい。また、大型店舗内については各階ごとのフロアマップだけでなく、そのなかの個別の店舗まで表示される機能が実装された。

地図の情報量ではMapionだが……

 5つのオンライン地図を比較したが、Googleマップ以外で3つのアプリがゼンリンの地図データを利用しており、改めてゼンリンの強さを認識させられた。ただし、その地図データを利用して、どのような情報を表示するのかについては各社で考え方が異なっている。地図の情報量ではMapion、各種機能についてはYahoo!地図が優れていた。だが、ナビゲーションと店舗の表示数についてはGoogleマップに軍配が上がった。オンライン地図関連企業は、来たるべき自動運転時代を視野に入れて、開発に注力している。その大前提となるのは、万が一にも誤りがないようにする精度の高さである。Googleマップが今回のトラブルを乗り越えるのか、それともGoogleとの関係を見直すことになったゼンリンがゲームチェンジャーとなるのか、今後の動向に注目していきたい。

【訂正】MapFanの地図データを「ゼンリン」としておりましたが、正しくは「インクリメント・ピー」でした。お詫びして訂正します。

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー