文春オンライン

2019/04/26

減るものと増えるものを考える 空の靴箱のススメ

 スーツケースに詰める荷物は、以下の3つに分かれます。

(1)増えたり減ったりしないもの
(ガジェット類や化粧ポーチ、ネックピロー、ガイドブック、靴など)
 

(2)旅行前には多く、旅行後には減るもの
(旅行中に消耗する化粧品の中身、ヘアケア用品、ティッシュ、医薬品)
 

(3) 旅行前には少なく、旅行後には多くなるもの
(お土産など)

 荷物を詰めるときに大事なのは、(3)を考慮しておくこと。とはいえ、ただお土産分のスペースを空けておくだけでは、移動中に荷物が動いてしまいます。そこで、空けたスペースに空の靴箱を詰めれば、もう詰めた荷物が旅の途中で動く心配はゼロです。現地に着いたら処分するか、靴箱の中にお土産ものを詰めて持ち帰ってもいい。とにかく丈夫なのでちょっと壊れやすいものや繊細な作りものは洋服などでくるんだ上で靴箱に入れておくとパーフェクトです。

 

靴問題のソリューション

 旅行のときにはフォーマルな印象の靴が1足あると助かりますが、かさばるのが問題。そこで、ロンドンで生まれた折りたためるフォーマルシューズ「バタフライツイスト」はいかがでしょう。ちゃんと木型に入れて立体的に成型・縫製してあり、この手の靴にありがちな「安っぽさ」がありません。しかも専用ポーチ付き。色や柄のバリエーションも豊富で、ラウンドトゥ、ポイントトゥ、レインシューズタイプなど各種揃っています。

 旅から帰ったらルームシューズや、車の中で使うドライビングシューズとしても使える優れものです。

紺:「バタフライツイスト EVIE」5940円(税込み) シルバー:キルティングタイプの「ISABELLA シルバー」4536円(税込み)

 収納に便利な小物(シャワーキャップ)

 ホテルのアメニティでぜひもらっておきたいのが、シャワーキャップ。一部ではかなり広まった使い方ですが、中に靴を入れてしまうのに使います。シャワーキャップのくるっと丸まる性質が、靴の収納にはぴったり。シャワーキャップは100円ショップでも手に入ります。靴の収納のためにストックしておいては?

 

写真=山崎理佳

 

三田村蕗子(みたむら・ふきこ)

福岡出身。津田塾大学学芸学部卒業。マーケティング会社、出版社を経てフリーに。ビジネス誌や経済誌、流通専門誌などで取材・執筆を行っている。ひまさえあれば、旅行・飛行機・空港のことを考えている空旅マニア。趣味が高じて、空の旅がもっと楽しくなる情報を集めたサイト「まいにち空旅」を開設。 現在、タイと日本を行ったり来たりの生活を満喫中。

旅行が200%楽しくなる! スーツケース収納術

三田村 蕗子

辰巳出版

2019年3月22日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー