昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/05/06

「男が夢を見るためには、それを信じる女が必要ですから」

――しかし、2018年3月にアリエルは中日ドラゴンズと育成契約を結んでいます。交際開始から僅か5ヶ月目で超遠距離恋愛となってしまいましたが、その時はどんな気持ちでしたか?

「あの時は……そうですね、とても複雑な気持ちで、幾つもの感情が入り混じっていました。日本のチームが彼と契約したがっている、その事実は彼にとって無上の悦びでしたし、もちろん私だって嬉しかった。ただ同時に、彼が遠くへ行ってしまう、頻繁に会えなくなる。そう考えると、これまでにない大きな寂しさを感じました。

 ですが、私はこの世界には愛に勝るものなんて存在しないと信じています。彼は自分の夢を果たすために日本へ行く、だから私はキューバからどんな時も出来る限りのサポートをすることに決めたんです。男が夢を見るためには、それを信じる女が必要ですから。中日ドラゴンズが今年も彼と契約してくれて、私もとても幸せです。おかげで彼はまだ夢の途中にいます」

――アリエルとは頻繁に連絡を取っているんですね。

「はい。キューバで彼の試合は観られませんが、試合や練習の動画を彼が送ってくれて、それを繰り返し観ています。彼がよく写真を送ってきますから、“松坂さん”は知っていますよ。彼から連絡が来たら、私はいつも“愛している、そしてあなたなら全てが上手くいく”と伝えています。私の信頼をしっかりと伝えること、それがキューバにいる私が出来る最大のサポートだと思っています」

――アリエルが空振りすると、「カミーラが見てるぞ!」という野次が飛ぶことがあります。名古屋に来る予定はありますか?

「私、名古屋で有名人なんですか? じゃあ、アリエルなんてもっと凄い有名人になってるんでしょうね。みんな、彼のインスタグラムを通じて私のことを知ってくれているんだと思います。とても光栄なことですし、彼を誇りに思います。ただ、来日の予定はありません。私も学業がありますし。ですが、一刻も早く入籍したいとは思っています。将来、彼がこの地球上のどこにいようとも、人生を共に過ごしていたいですから」

本国キューバで、モデルとして活動している

――日本では過去にローレン・マイコラス「Fearless Charm」、野村沙知代「Stay Young Forever」など、野球選手や監督の妻が写真集を出したことがあります。あなたもオファーがあったら受けますか?

「写真は私が人生で最も好きなものの一つです。もし同じようなオファーをいただいたら、まずはアリエルに伝えて、撮影のために何を差し置いてでも日本に向かいますよ。でも私だけじゃ嫌、アリエルと二人での写真集がいいです」

――本当に彼を愛しているんですね。では最後にアリエル、そして中日ドラゴンズのファンにメッセージをください!

「アリエル、私の愛。あなたはこの世の全ての中で最高の存在。でも、世界中の多くの人から、特に私からのサポートを受けていることを忘れないで。あなたが将来成功を収めたとしても、それはあなたを応援してくれた中日ドラゴンズのファンがいたから。

 あなたが野球選手として支配下契約を結ぶ夢を叶えたら、今度はあなたがドラゴンズを、あなたをサポートした偉大なチームを支える番です。そして中日ドラゴンズのファンの皆さん、アリエルがいるチームを応援してくれて本当にありがとうございます。この記事をキッカケに、アリエルのことを少しでも知ってくれたら嬉しいです。彼の肉体と魂は、いつも野球場にあります。皆様に幸多からんことを」

 カミーラに日本に来てほしい、写真集を出してほしい、そしてその情熱を中日ドラゴンズに分けてほしい。そのためには、アリエルが支配下契約を勝ち取ることが絶対条件だろう。もちろん彼はナゴヤ球場で日々厳しいトレーニングを続けているが、中日ファン総出でこう叱咤激励しようではないか。

“Camila esta mirando!!”

アリエルと共にいる時のカミーラが一番輝いている

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/11660 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(5枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

中日ドラゴンズの記事一覧