昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/05/07

作詞した曲を聴いてみたい選手ランキング1位は

ジャンプアニメの主人公っぽい選手ランキング1位:中谷将大

 大きな体、豪快な笑顔、動物(横浜のチャピーとバート)にも好かれる、チームメイトからもファンからも愛される。だって、中谷選手にはロマンがある。スタメン定着への道は順風満帆でない中でも、必ずインパクトの強いシーンで反逆の狼煙を上げてくれる。一昨年は20本塁打をマーク。今季も開幕直後5連敗の危機を救う代打逆転2ラン! レフトポールにぶち当てる大胆さも主人公っぽい!

 昨季のお尻ファウル(大山選手の痛烈なファウルが三塁走者・中谷選手の豊満なお尻に当たり、それによりリラックスできた大山選手が勝ち越し打を放った)のくだりなんてそれだけでアニメ1話分できる。応援歌もかっこいいためアニメ主題歌にそのまま使えそう。余談だがわたしの新曲には中谷選手をモチーフにした歌詞がある。挑み続ける中谷選手が最後に栄光を掴むことを信じながら、勝手に表彰いたします!

作詞した曲を聴いてみたい選手ランキング1位:糸井嘉男

 ちなみにDeNAの1位は今永昇太投手。野球少年に「好きな食べ物は?」と聞かれて「アイライク パン!」と答えたり、キャプテンマークの重みについての質問に「結構軽い素材なんで……」と返したり、迷言の多い糸井選手。しかし実績を鑑みるに考え方自体は超一流であるはずなので、浅井健一氏やチバユウスケ氏のように一見支離滅裂だが胸にガツンと響く歌詞を書きそう。そんな勝手な期待とともに表彰させていただきます!

陰のゲームメイカーランキング1位:植田海

 試合終盤の守備固めや、チャンスでの代走で起用されることの多い植田選手。わたしはただの野球好きなので技術論は語れない。それでも植田選手の職人プレーが陰で試合を動かしていることは感じる。

 5月3日DeNA戦、9回無死一塁から筒香選手のセンターオーバー二塁打を華麗に中継しストライク返球で本塁刺殺、後のサヨナラ勝利を呼び込んだこと。4月25日DeNA戦、鳥谷様のレフトフライですかさず二塁から三塁へタッチアップ、直後の近本選手の逆転3ランをアシストしたこと。たとえ派手でなくとも素晴らしいプレーで勝利を築き上げる植田選手を表彰したいです!(補足:時々見せる萌え袖や内股、ベンチでのニコニコ笑顔は、貴重な癒しである)

もはや何のランキングにしたらいいかわからないほど大きな存在ランキング1位:鳥谷敬

 鳥谷様の全てを尊敬し、応援したい。

大きな存在、鳥谷敬 ©文藝春秋

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/11663 でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

文春野球コラム

阪神タイガースの記事一覧