昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/05/10

圧巻は「憲法記念日の社説」

 圧巻は憲法記念日の社説であった。5月3日の各紙社説を並べてみる。

 読売「憲法記念日 令和の国家像を描く議論を」

 毎日「令和の憲法記念日に 国会の復権に取り組もう」

 産経「憲法施行72年 まず自衛隊明記が必要だ 国柄に沿う『天皇条文』運用を」

 日経「より幅広い憲法論議を丁寧に」

 東京「天皇と憲法(5) 未来の皇室のために」

©iStock.com

 これらに対し朝日の社説は、

「AI時代の憲法 いま論ずべきは何なのか」

 え、AI時代の憲法……!?  ここにもAIをぶち込んできた朝日。

 冒頭には「AI(人工知能)が日本国憲法の前に立ちはだかる――。」とある。一体何を言っているのだ。