昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「戦争しないとどうしようもなくないですか」 元日本維新・丸山議員の頭のなか

守られなかった「禁酒宣誓」と撤回された「離党届」

2019/05/15

 北方領土・国後島へのビザなし交流訪問団に参加した日本維新の会の丸山穂高衆院議員が今年ぶっちぎりの失言を行った。丸山氏はこれまでに起こしてきた問題発言、問題行動もあわせて振り返りつつ、どのような考えの持ち主なのかを考えてみたい。

北方領土の元島民に対する不適切な発言の撤回を表明した日本維新の会の丸山穂高衆院議員 ©共同通信社

丸山穂高 日本維新の会・衆院議員
「戦争でこの島を取り返すことには賛成ですか、反対ですか」

NHK NEWS WEB 5月13日

 報道された音声などによると、11日の夜、元国後島民で訪問団長の大塚小弥太さんが国後島の「友好の家」で同行記者の取材対応中、酒に酔った丸山氏が割り込み、「戦争でこの島を取り返すことには賛成ですか、反対ですか」と詰問。大塚さんが「戦争で?」と聞き返すと「ロシアが混乱しているときに、取り返すのはOKですか」とさらに問いかけ、「戦争なんて言葉は使いたくないです」と否定されると「でも取り返せないですよね」と畳み掛けた。丸山氏はこの他にも大声で騒いだと報じられている(読売新聞 5月13日)。

日本維新の会・松井代表は「言論の自由」と擁護したが……

 丸山氏は国会議員として北方領土の「戦争による奪還」に言及したことになる。

 13日には「言論の自由なので」と丸山氏の処遇について言葉を濁していた日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)だが、14日には「国会議員として一線を越えた発言で、元島民、国民に不快な思いをさせた」とあらためて陳謝。「一番厳しい処分になる。除名だ」と明言し、「議員辞職すべきだ」とも語った(時事ドットコムニュース 5月14日)。丸山氏は14日、離党届を提出したが、同日に除名処分が決定した。

丸山穂高 日本維新の会・衆院議員
「戦争しないとどうしようもなくないですか」

BuzzFeed News 5月14日

 丸山氏と訪問団長の大塚さんとのやりとりで注目を集めた言葉がこちら。こう言われた現在89歳で、戦争によって故郷を奪われた経験を持つ大塚さんは「戦争は必要ないです」と言って席を立った。