昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

佐賀は「まるで韓国か北朝鮮」発言の谷川議員、「般若心経」を唱えた過去

「あまりにも時間が余っているので」と前置きし、質疑の場で谷川氏は……

2019/05/23

 政治家の失言が止まらない。今度は自民党の谷川弥一衆院議員が失言をした。「失言防止マニュアル」を配布した直後のことだから、参院選を控えた自民党にとってダメージは小さくない。谷川氏の失言にはどんな背景があるのかを考えてみた。

今月21日、衆議院本会議に臨む自民党の谷川弥一氏 ©時事通信社

 谷川弥一 自民党・衆院議員
「できれば佐賀の知事さんには台湾のようなつきあいをしてほしい。いまは韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ」

 日テレNEWS24 5月20日

 5月18日、自民党の谷川弥一衆院議員が、九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)の整備に反対する佐賀県の山口祥義知事の対応について、「韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ」と発言した。長崎県内のトンネル工事現場を視察した際、4月に行われた与党検討委員会で直接伝えたと話した。谷川氏は長崎選出で、与党検討委員会のメンバーである。

九州新幹線長崎ルートの整備計画とは

 まずはこじれにこじれている長崎新幹線の問題について整理しよう。

 九州には南北を貫く博多―鹿児島中央間に新幹線が開通している。長崎新幹線は、途中の新鳥栖(佐賀県)から長崎へ向かう約120キロのルート。このルートのうち、新鳥栖から武雄温泉(佐賀県)までは在来線を使い、武雄温泉から長崎までは新幹線専用のフル規格で整備することになっていた。

 もともとは事業費が小さく、在来線に直通できるスーパー特急方式で整備される予定で、佐賀県も含めて合意したが、長崎県側からフル規格での整備を求める声が高まったことで、在来線とフル規格を乗り継げる新型車両、フリーゲージトレインを開発することになる。ところが開発の過程で不具合が多発、導入が断念された。