昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中日で77勝のレジェンド・板東英二が語る“ドラゴンズを倒すための秘策”とは?

文春野球コラム ペナントレース2019

 全国の野球ファンの皆様、お待たせいたしました。かつての大投手、板東英二でございます。東北楽天ゴールデンイーグルスも好調をキープしておりますが、交流戦に関しては決して得意ではないみたいで、かみじょうたけしくんからどうしても中日ドラゴンズ対策を教えてほしいと頼まれまして筆をとった次第です。

元中日の大投手・板東英二 ©かみじょうたけし

板東英二が語る“中日ドラゴンズ”

 しかしながらとうとう令和の時代に突入した訳ですが、平成を生きた方ですら私の現役時代を知る方はいないと思います。1959年に中日ドラゴンズに入団し11年間の現役生活で77勝、1964年辺りからは後ろ投げてたにもかかわらず、65年からは3年連続二桁勝利、あの頃はセーブちゅうもんが公式記録になかったもんやからねぇ。ちゃんと数えたなら、松井裕樹くんも飛び上がってる思うね。

かみじょう「すんません、交流戦のドラゴンズ対策を伺いたいんですが……」

 あのね、かみじょうくん、慌てたら大金稼がれへんよ? まぁええわいな。

 せやけどやっとですか高橋周平は? 昨シーズンちょっと自信つけたんかな? 5月なんか猛打賞8回のプロ野球タイ記録て。イチローや川上哲治さん、西沢道夫さんに並んだ訳やろ? 努力の天才が覚醒しよったねっ。東海大甲府時代から非常に有名で、甲子園経験のない高校生野手が3球団競合したんはドラフト史上初の事やったし、よー覚えとる。

 バリバリのドラフト1位でしょ? そらお金もかかっとるし球団からしたら活躍してもらわにゃ困る選手や。お金でいうたら僕らの時はドラフト自体がなかったからねぇ。同期の王貞治が契約金1800万で僕は2000万やった。まぁ夏の甲子園で一大会の奪三振記録作ったり(未だに破られていない大記録)一躍有名になったからねぇ。阪神タイガースなんて2000万にセーター付けます言うてねぇ。セーターですよ!? 自分で編むっちゅうねん。ほしたら中日はあの時代にカラーテレビ付けます言うんだから。両親が喜んでねぇ。そんな流れでドラゴンズですよ。

58年夏に徳島商(徳島)を準優勝に導いた ©かみじょうたけし

かみじょう「昔の小ネタはいいんで、今のドラゴンズの話お願いします。」

 今から喋るがなっ。かたい奴やなぁ。まぁかたいで言うたら高橋くんはここまで54試合に出場してサード守って失策が2でしょ? そらピッチャーは助かるで。あんまり知られてないけど僕の徳島商業時代のサードは卓球部やからね。玉置っちゅう奴なんだけど、これが家が大金持ちで毎朝家行ったら、当時貴重だった「たまご」を食べさしてくれた。あんときのゆで卵の味は忘れられへんのんよ。で玉置に野球部のマネージャーもやらせたんよ。でもある時野球部の練習がキツすぎて皆辞めてしもて部員が8 人になってね。ほしたら玉置が「試合もでけんし、マネージャーいらんやろ? 板ちゃん辞めるわ」。でもあん時は玉置に辞められたら、朝のご褒美がなくなってまう思って必死やった。ならマネージャーやのうてサード守ってくれと。徳島のレベルで僕の球を強烈に引っ張れる奴なんかおらんかったし、左バッターはインコースのドロップ投げときゃあっちには飛ばへんからね。せやから奪三振記録ばかり言われるけど、卓球部をサードに据えて全国準優勝した事のほうが凄い訳ですよ。

かみじょう「さっきからなんの話やねん! 確かに凄い話やけど、周平の話どこいってん?」

 まぁ、鶴瓶ちゃんとは関西でも仲良しやったから、よー遊んだけどあん時のカバン持ちが気づいたら黄色いメガネして、よしこちゃんよぉ〜、てなもんですよ。

かみじょう「それ笑瓶の話やないか! 笑福亭笑瓶ちゃうねん、しゅうへいや。」

 冗談やがな。話は最後まで聞かんかいな。続きがある。