昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「子どもを最低3人産むように」「4人以上産んだ女性を表彰」 なぜ政治家は子どもな失言をするのか

桜田元大臣らの発言を振り返る

2019/06/07

 度重なる失言で五輪担当相を辞任した自民党の桜田義孝衆院議員が、また失言した。「放言・暴言・失言の製造機」の名に恥じない失言っぷりである。しかし、政治家からは似たような発言が最近相次いでいる。あらためて、桜田氏の失言の背景を考えてみたい。

今年の4月1日に辞表を提出した際の桜田義孝元五輪相 ©時事通信社

桜田義孝 自民党・衆院議員
「お子さんやお孫さんにぜひ、子どもを最低
3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」
「結婚しなくていいという女性がみるみる増えちゃった」

共同通信 5月29日

 5月29日、千葉市で開かれた会合に出席した桜田氏は少子化問題に言及し、「お子さんやお孫さんにぜひ、子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」とパーティ出席者に呼びかけた。また、会合では「結婚しなくていいという女性がみるみる増えちゃった」とも語っていた。

 発言後、「子どもを安心して産み、育てやすい環境をつくることが重要との思いで発言した。誰かを傷つける意図はなかった」と釈明した桜田氏だが、だったら子どもを安心して産み、育てやすい環境をつくりあげてから「お願い」してもらいたい。また、桜田氏が「お願い」している相手は女性に限定されているが、少子化は女性だけの責任ではない。生涯未婚率は男性のほうが圧倒的に高いのだから、桜田氏は男性にも「お願い」すべきなのではないか。

桜田義孝議員 ©時事通信社

 なお、桜田氏は5月14日の会合で「私のようにならない政治家を育てていただきたい。反面教師にしてください」と自虐ギャグを飛ばしていたが(産経新聞 5月14日)、わずか2週間後に再び失言をしたことになる。

約1年前に批判を浴びた発言

加藤寛治 自民党・衆院議員
「新郎新婦には、必ず
3人以上の子どもを産み育てていただきたい」
NHK政治マガジン 2018年5月27日

 桜田氏の発言と似たものを列挙していく。こちらは2018年のもの。加藤氏の発言は多方面から批判を浴び、謝罪して撤回した。しかし、野田聖子女性活躍担当大臣が「そういうことを言ったから子どもが産まれるということではない」と批判したことについては、「全国から多数の賛同が寄せられていることを考えると批判は当たっていないのではないか」と反発してみせた。