昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/07/05

「スマブラ」or「大乱」 しまんちゅとの思い出

 島本さんのことは、とりあえず、僕は「しまんちゅ」って呼んでるんですよ。毎回「しばくぞ」って言われるんですけど、しばかれたことはないです。糸原さんの「イト」と一緒で、島本さんとも毎回、その「しまんちゅ」のくだりがあって、楽しかったですね。選手としても、投手と野手で違いますけど、本当に尊敬してました。体のことを言うと怒られるかもしれないですけど、あんな小さい体であんな速い球投げるのほんまにすごいなって。島本さんのボールって、打席に立つと、余計に速さを感じるんですよ。島本さんはすごく真面目で、めちゃくちゃ練習もしますし、球のスピードも入団してちょっと経ってから急に速くなったイメージです。

「しまんちゅ」こと島本浩也 ©時事通信社

 一番の思い出は、寮で一緒に生活している時はよく2人でゲームをしていたんですよね。「大乱闘スマッシュブラザーズ」っていうのがあって。あのゲームは「スマブラ」って言う人と「大乱」っていう人に分かれるんですけど、僕は「スマブラ」で島本さんは「大乱」で。正直“なんやねん大乱って。普通スマブラやろ”ってずっと思ってました。

 僕はサムスっていうキャラを使って、島本さんはネスっていうキャラをいつも使ってて。島本さんは「俺強いで」って言ってたんですけど、僕も自信あったし“だいたい大乱っ呼ぶ人が強いわけないやろ”って甘く見てたんですよ。そしたら、僕のサムスがいきなり空中に吹っ飛ばされて、そのまま地面に落ちることなく、空中でバチバチにいかれたんですよ(笑)。え? ネス、いや、しまんちゅ、めっちゃ強いやんって。何かしたいのに、空中でボコボコにされて。島本さんに1回もダメージ与えることなくやられたんですよ。日本で一番強いんちゃうかなっていうぐらいですよ。「大乱」って言うだけありましたね。

 今年は開幕からずっと1軍で投げていて、僕もめっちゃ嬉しいです。2軍にいる時も、僕なんかに、俺の球どうやった?とか聞いてくれて。本当に研究熱心な方だと思いますね。だから「大乱」も相当、研究したと思いますよ(笑)。ずっとゲームの業界に進んだほうが良いんちゃうかなと思ってたぐらいですけど、行かなくて良かったですね。育成も経験された方ですし、努力の積み重ねが結果につながって、すごいと思います。結論は、「イト」も「しまんちゅ」も僕のイチ押しの大好きな先輩方です!

構成/チャリコ遠藤

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/12577 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

阪神タイガースの記事一覧