昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/07/19

 この事件の主犯格だとして逮捕されたのが野口被告だった。野口被告の兄・直樹も、金塊強奪グループの一員として逮捕された。野口兄弟は、和樹が前科3犯、直樹は前科5犯という札付きのワル。名古屋では有名な“半グレ”として知られた存在だった。

「兄弟は指定暴力団・六代目山口組弘道会を後ろ盾にした自動車窃盗団のリーダーでした。和樹被告が2度目に逮捕されたとき、警察署からの逃走事件を起こしたことでも話題になった。接見に訪れた当時の妻が取調室に侵入し警察官に催涙スプレーを浴びせ、怯んだすきに車で警察署から逃走するという映画さながらの大胆な手口でした」(全国紙社会部記者)

 野口兄弟は派手な生活を送っていることでも有名だった。和樹は100平米以上の広さの高層マンションに住み、高級車を乗り回していた。夜の街で豪遊する姿も度々目撃されており、芸能人とのコネクションも豊富だったという。

四面楚歌の宮迫 ©文藝春秋
かつて「オフホワイト不倫」を報じられた宮迫 ©文藝春秋

事件直後、夜の街に野口被告の姿が

 金塊強奪事件から数週間後。野口和樹被告は大阪のネオン街でその姿が目撃されるようになったという。

「当時、キャバクラで豪遊している半グレがいると夜の街で噂になっていたようです。みなTシャツ姿で、腕には和彫りの入れ墨がバッチリ入っているのでかなり目立っていた。彼らは店をハシゴしながらバンバン高い酒を入れる。それが野口らのグループだったのです」(北新地の飲食店関係者)

 金塊強奪事件が発生したのが16年の7月8日。その直後、野口被告らは大阪で姿が目撃されるようになり、犯行によって多額の収益を得ることを見越しての豪遊だったと見られる。そして宮迫と野口被告の写真が撮影されたのが同年7月27日だった。

「『FRIDAY』の写真が撮影されたのは北新地のX(現在は閉店)という高級キャバクラ。写真では半グレの男らは黒いサポーターで入れ墨を隠していましたが、飲んでいるときは入れ墨丸出しだったようです。宮迫の写真を流出させたのはその店の従業員ではないかと囁かれています」(同前)