昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この人のスケジュール表

東大卒の会社員が「小説家養成講座」を受講して描いた作品が松本清張賞受賞

坂上泉――この人のスケジュール表

「松本清張賞」は横山秀夫、山本兼一、葉室麟、青山文平、阿部智里など多くの人気作家を輩出してきた。第26回(2019年)の受賞作『へぼ侍』は、綿密な時代考証による歴史エンタテイメント長編小説だ。

 主人公の青年・錬一郎は明治維新で没落した士族の家に生まれ、幼くして商家に丁稚奉公に出された。1877年に西南戦争が勃発し、明治政府は旧士族を「壮兵」として徴募する。喜び勇んで参加を決意した錬一郎だが、所属部隊は、はみ出し者たちの巣窟だった――。

「大学で受けた近代史の講義で、指導教官が『西南戦争の新政府軍の編成を見ていると、なぜか大阪から剣客集団が参加している』と話していて。近代的な新政府軍と、前時代的な士族の戦いという勝手に抱いていたイメージを崩され、強く印象に残っていたんです」

 受賞者の坂上泉さんは東京大学文学部で近代史を専攻していた。現在は会社員として働いている。

坂上泉さん

 小説を執筆するきっかけとなったのは、赴任中に受講していた「小説家養成講座」だった。

「就職後、大阪に赴任していた間、京都にある『天狼院書店』の小説家養成講座に通っていました。せっかく小説を書き上げたのだから、文学賞に応募してみよう、と。まさかデビューできるとは夢にも思っていませんでした(笑)。今後は仕事も小説も欲張ってやっていきたいと思っています」

へぼ侍

坂上 泉

文藝春秋

2019年7月9日 発売

出典元

松本人志が牛耳る吉本興業の闇

2019年8月1日号

2019年7月25日 発売

定価420円(税込)