昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/10/16

一生暮らしていけるだけのお金を“自分の力で”手にした人

 ここまで見てきたのは1Rあたりの超高額払戻についてだった。

 しかし、競馬にはWIN5という“主催者に指定された5レースの単勝を全て当てる”券種や、トリプル馬単という“主催者に指定された3レースの1→2着を当てる”券種が存在する(なお、前者は中央競馬会が発売しており、後者は南関東公営競馬およびホッカイドウ競馬が発売している)。

 これらは組み合わせの総数が増えるぶん当然三連単よりも払戻額が大きくなることが多い。

©大小田陽平

 いちじゅうひゃくせんまん……と、数えてみると、なんと471,809,030円の払戻! 4,718万円ではない。4億7180万円である。

 ここにいたるまでに現実離れした金額を見続けてきたものの、それでも改めて驚いてしまうほどの払戻額だ。

 このとき、WIN5の対象となっていたレースで勝った馬は、単勝2番人気、15番人気、12番人気、11番人気、5番人気で、的中は6,740,129票のうちの1票。宝くじの類とは違い、自分が予想した買い目でこれほどまでの払戻を手にするのだから、的中の瞬間はさぞ興奮したことだろう。

©文藝春秋

 なお、WIN5という“主催者に指定された5レースの単勝を全て当てる”券種は、その特性上、1レース毎に勝ち残っているかどうかによって、ジリジリと勝ちに近づいていく券種だ。この日は4レースを終えた時点で残りの票数が5票だった。この時点で手に握る汗はどれほどだったろう。そして、惜しくも、すんでのところで勝利の神様に見放されてしまった4票を持っていた人たちはどんな気持ちだったろう。想像するだけで肝が冷える……。

 競輪にはチャリロトというコンピュータによって発行された番号で、7レースの単勝車券を当てる“くじ”形式の車券があり、この最高払戻額は905,987,400円とさらに頭一つ抜けた額を記録している。しかし、今回は主催者が発売している券を主とした記事だったので表にはまとめず、このような紹介までにとどめることとした。

高額払戻はギャンブル依存を生みだすのか

 ここまで、三連単やWIN5など、高額の払戻を想定して発売されたさまざまな券種を振り返ってきたが、そのような賭式を導入することについて、かつては批判の声が少なくなかったという。池田内閣が公営競技調査会という諮問機関をつくった際の「やたら高配当になると、いたずらに大衆の射幸心を煽る」という意見が代表だろうか。

©文藝春秋

 しかし、“競馬の神様”大川慶次郎も指摘したように、

〈困難な推理を克服して、難しいレースを見事に的中させる…その見返りが高い配当に違いない。誰にとっても配当は高ければ高いほどよく、こうした考えは「射幸心」とはなんら結びつかない。

 高配当の買い目が射幸心を煽るのではなく、岩よりも堅い組み合わせだと思った時にこそ、人は射幸心に「煽られて」いる。1.5倍のガチガチの馬券で利益を得るために元手を増やそうと借金をする人はいるかもしれないが、数百数千倍の馬券を買うために借金をする人はそういないだろう〉

 そのような見方も存在し、私もその考えに首肯する。

 今週はWIN5を購入することに決めた。

※末永くギャンブルに親しむためにも、ほどよく適度に楽しみましょう。

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー