昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春 2015年7月30日号

genre : ライフ, ヘルス

(3)“キラードリンク”は甘酒とココア

 森田氏によると、冷えによる夏バテに罹患しやすいのは次のようなタイプだという。

・薄着やミニスカートの女性
・暑い屋外でも汗をかきにくい人
・ストレスを日常的に感じている人
・ヘビースモーカー
・腹痛や下痢になりやすい人

 こうした条件に該当するならば、生活習慣を見直した方がいいそうだ。

 すぐに始められる対策を森田氏はこう語る。

「まず、室内と屋外の温度差を5℃以内にとどめてください。冷風は直接体に当てない。オフィスではスカーフやカーディガンなどで温度を調整してください。

 冷えたなと思ったら、軽く汗ばむくらいのストレッチなどの運動も効果的です。入浴の際はシャワーだけでなく湯船にちゃんと入ってください」

 また、森田氏は「夏バテに効く“キラードリンク”」として、次の2つを挙げる。

「まずは甘酒です。疲労回復に効くビタミンB群とアミノ酸を豊富に含んでいます。冬の嗜好品というイメージが強いかも知れませんが、実は江戸時代から夏バテ対策に使われてきた“飲む点滴”なんです。独特の風味が苦手な人は牛乳と1対1で割って飲むのがおススメです。

©iStock.com

 また、ココアも効果的です。ココアに冷え症抑制効果がある事はすでに立証されています。主に足首などの下半身の温度が上昇します。ここに、上半身を温める効果がある生姜を加えると、冷えを体内から追い払ってくれるでしょう」

(4)冷房病を防ぐカレーとタンドリーチキン

 前出の大澤教授は体を温める食事を次のように解説する。

「カレーはいいですね。スパイスに含まれる唐辛子のカプサイシンはエネルギー代謝を促進するので汗をかきやすくなります。水分を摂りながら、週に一回程度カレーを食べる事は冷房病の予防に繋がります。

 また、タンドリーチキンもいい。タンドリーチキンにはターメリックなどのスパイスが豊富に含まれているうえ、塩分は焼き鳥の3分の1ほどしか使われていないというメリットもあります。あまりなじみはないかもしれませんが、この夏は焼き鳥の代わりにタンドリーチキンを食べてみてはいかがでしょう」

 暑さはこれからが本番だ。すぐに始められる生活習慣の改善で、夏バテを吹き飛ばそう。