昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

支配下登録ならず……ウエスタン首位打者のホークス・田城飛翔選手はきっと這い上がる

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/08/13

 7月31日。この日はすべての育成選手にとって重要な節目の日でした。

 シーズン中、各球団が選手の補強、トレード、育成選手を支配下登録出来る期限は7月末日までとなっています。今季開幕前、ホークスは育成選手だった川原弘之投手、周東佑京選手と支配下契約を結びました。そして川原投手は開幕1軍を掴むと3、4月は10回1/3を投げて防御率0.00の成績を残し、周東選手は俊足を生かし、走攻守すべての面でアピールを続けチームに貢献してきました。

 ホークスで育成選手が支配下登録に至る際、必ず言われる基準は「1軍の戦力となりうるかどうか」。6月24日には、2軍で絶大なパンチ力を見せていたオスカー・コラス選手が支配下登録されました。これで1チーム70名の上限がある支配下選手の登録枠は残り1つになったのです。

ウエスタン首位打者も支配下登録ならず

「実力で負けてるだけです」

 仲間でありライバルというコラス選手に先を越され、悔しさを表したのは育成3年目の田城飛翔外野手でした。

 田城選手は3・4月度にファーム月間MVPを獲得。コラス選手は5月度にファーム月間MVPを獲得するなど、2人は切磋琢磨しあってきました。3軍時代から共にプレーしてきましたし、2人で食事に行くほど仲も良い同級生。コラス選手は外国人枠とはいえ、田城選手は悔しさを押し殺し、もう1枠の支配下を目指して再び前を向きました。

試合での田城選手 ©上杉あずさ

 多少の波はありながらも、ウエスタン・リーグでは首位打者をキープ中です(8月11日時点で打率.318)。2軍とはいえ、多くの1軍級投手も登板する今季のウエスタンリーグでトップの安打数を放つなどアピールを続けた田城選手。支配下登録期限ラストスパートの7月の打率は4割超え。7月31日のウエスタン・中日戦では、4打数4安打。ホームランも放ち、支配下最終アピールに申し分ない活躍を見せ、何としてでも勝ち取るんだという強い決意を感じました。

 しかし、吉報は届きませんでした。

 実は、この7月末日の試合前に今回の支配下登録が見送られたことを告げられたそうです。つまり、悔しさをぶつける試合となったのでした。7月の猛アピールもあって、〈田城選手に支配下登録が近付いているのではないか〉と新聞等の記事も出ていました。今年自主トレで弟子入りした師匠の中村晃先輩からも「お前、本当に(支配下)あるんじゃないか」と鼓舞され、気持ちも高まっていたところでした。

 だけど、叶いませんでした。

「悔しかったけど、今持っている力でやれることはやったので……」

 もちろん、チーム事情もあるはずです。でも、ここまでの活躍で支配下になれないものなのかとプロ野球界の厳しさを痛感しました。

「求めているのは1軍の戦力」

 では、周囲の声はどうだったのでしょう。小川2軍監督は活躍を認めた上で、「まだ身体も細いし1軍の戦力としては足りない」と手厳しい言葉を並べました……。現在身長179cm、体重70kg。食事量や筋量をもっと増やし、1軍で1年間戦える身体作りをもっと欲を持って意識高くやってほしいというのが小川2軍監督の願いでした。

 また、打撃においても“2軍で3割5分以上”を求めているという小川監督。2014年に牧原大成選手がマークした当時ウエスタン・リーグ新記録の120安打、打率.374のような圧倒的数字を田城選手には期待しているそうです。

 正直、これまで育成から支配下を勝ち取ってきた他の選手たちの時より「判断の基準が厳しくないか?」と感じてしまいました。

 しかし、小川監督は「求めているのは1軍の戦力。田城には可能性があるから言っている。時間は待ってくれない。やりつくしたと言えるほど出来る限りのことは何でもやってほしい。……もうめっちゃ期待してるんだからね」。素晴らしいバッティングセンスの持ち主だからこそ求めるレベルも高いのだと熱を込めました。厳しい言葉の中に、深い愛情と1軍で通用する状態にして送り出したいんだという強い思いを感じました。