昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

進次郎氏&滝川クリ結婚 恋愛遍歴から見えた「理想の女性」3つのキーワード

2019/08/10

 8月7日、電撃結婚を発表した小泉進次郎氏衆議院議員と、フリーアナウンサーの滝川クリステル。 

 進次郎氏はマスコミの囲み取材で「政治の世界は戦場。でも彼女といるとよろいを脱いで無防備でいいんだと思えた」とのろけ、滝川も「素のまま、ありのままでいられる良い関係」と相槌を打ち、仲の良さを窺わせた。 

安倍首相に結婚すると報告した後、記者団の取材に応じる自民党の小泉進次郎衆院議員(左)とフリーアナウンサーの滝川クリステルさん ©共同通信社

 滝川は自身のInstagramで結婚を報告するとともに、進次郎氏に惹かれた理由をこう明かしている。 

〈そんな彼を見出していくたびに、フワッと優しく包み込んでくれるとても穏やかで優しく、無邪気でチャーミングな人柄をより感じる機会が増え、どんどん惹かれていく自分がいました〉 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

滝川クリステルさん(@christeltakigawa)がシェアした投稿 -

滝川氏の結婚報告投稿


 政界のサラブレッドと美人アナウンサーの結婚は、“令和初のビッグカップル”として、お盆前を飾るビッグニュースとなった。 

  次期首相候補として名前のあがる小泉氏は、公私ともにその行動や人間関係などがチェックされる立場にある。彼の知られざるルーツから、電撃婚の背景を探った。

高校時代から発揮されていた“手堅さ”

 女性誌が「進さま」特集を行うほど屈指の女性人気を誇っていた進次郎氏。じつは彼にはこれまで何人かの女性の存在がメディアなどで報じられてきた。 

 政界のプリンスはいかにして最愛の人を見つけたのか。 

 初恋の相手と目されるのが高校時代の交際相手だ。高校に入学してすぐ、野球部のマネージャーと付き合い始め、「交際は3年間続いた」と元同級生は証言する。 

 関東学院六浦高校で甲子園を目指す野球少年として青春時代を過ごした進次郎氏。当時のプレースタイルからも、後の政治家・小泉進次郎氏が時折見せる“手堅さ”が随所に現れていたという。