昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

蒼井優と結婚、レギュラーは16本……山里亮太が明かす“成功に導くノート術”

「ただのストレスを、自分が頑張るための燃料に変える」

 そこで山里が習慣にしているのは、クヨクヨと悩む前に一度、嫌な思いをノートに全て吐き出すということだ。例えば、以下のように書くという。

〈たくさんの芸人さんがいる席で僕に「お前だけは芸人と思ってないから」と言ってきた大物作家を許さない。どんなに遠回りになってもいいからそいつの仕事はしない。それが向こうのダメージになるようにそれ以外の人たちのために全力で頑張る〉

©iStock.com

勝利のための公式を作っていく

「思いを書き込んだら、それで悩むのは終了です。すぐに、そいつをぶっ潰すためにはどういう努力が必要なのかを考える。そうやって勝利のための公式を作っていくと、ただのストレスを、自分が頑張るための燃料に変えることができます。例えば、『あいつを潰すために、面白いネタを10個考えるまで寝てはいけない』と自分自身に課す。そうするとあんなクソ野郎でも、ネタを考えるための原動力にはなるんです。10個考えた後は、『褒めてやるよ、バーカ』と思って寝ます」

文藝春秋9月号

 その他にも、劣等感や嫉妬心の扱い方、先輩との気を使う飲み会への対処法など、現代のビジネスマンにも必見のアドバイスが満載。山里が結婚後の心境、これまでの芸人生活を語った「結婚しても『嫉妬』が僕の原動力です」の全文は、「文藝春秋」9月号に掲載されている。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー