昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

投手陣にも聞いた“最高”だったできごと

 さぁ、お次は森原康平投手だ。

森原「そうですねぇ……ないです(笑)」

かみ「ないんかーい」

森原「最近納得いくピッチングができてないので」

かみ「いやいや大活躍ですよ!」

森原「あっ、こないだ8球で抑えた試合です」

かみ「省エネ投球ですね!」

森原「とにかく球数は気にしますね。後出来るだけ3人でビシッといきたいです」

 今、中継ぎの中では一番の安定感を感じさせてくれる森原投手、彼が登板する数だけ勝ち星が増えていく。今月も期待してます!

中継ぎとして安定感を見せている森原投手 ©かみじょうたけし

 さぁ最後は安樂智大投手だ。

安樂「ないです。ほんとにないですね」

かみ「こないだ一軍上がって即ナイスピッチングでしたよ!」

安樂「故障もあったりで、まだチームの力になれてないので」

かみ「もしかして最高の瞬間はこれからですか?」

安樂「そうですね! 9月に期待しといてください」

 ここにきての安樂投手の活躍は中継ぎ陣にとってこれほど頼もしいものはない。選手の皆さんの活躍で僕たちファンも最高の秋を迎えたい。

 負ける気がせん。

安樂投手の最高の瞬間はこれからだ ©かみじょうたけし

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/13680 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(4枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー