昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

吉野家で魚を堪能!? “牛の王国”に堂々と現れた「アジフライ丼」を注文してみた

食後にはまさかのケーキも!――<じゃない方のグルメ>

2019/09/19

ついにアジフライをパクリ!

 しかも、よく見たら大盛り牛丼用の器に盛ってある。

 これにはむしろ、お米の方がビックリしてるかもしれませんね。

 いつも通り牛肉が乗ってくると思ったら、いきなり熱々のアジフライが乗ってきた訳ですから、まだ気持ちの整理がついていないかもしれません。

下には刻み海苔とミックス野菜、まだ気持ちの整理がついていないお米。

 しかしお米の気持ちまで気にしてられません、さっそく食べましょう。

ついにアジフライをパクリ! このサイズ感、かなり大ぶりです。

 うん!

 これは美味い!!

 とにかく肉厚なアジの身に、揚げたてサクサクの衣。

 甘めのソースがからんでめちゃ美味しい。

 食べ応えも十分。

 これは単なる牛丼の代わりではなく、しっかりメインを張れる一品です。

 勇気を出して「アジフライ丼ください」と言った自分を褒めてあげたいです(ただ注文しただけですが……)。

さらなる「じゃない方」を注文

 アジフライ丼の成功で、すっかり気が大きくなったところで、せっかくなのでもう1品「じゃない方」を追加注文。

 その1品とは

 鯖の味噌煮!

鯖の味噌煮(単品315円)。

 吉野家に来てまさかの魚系、2品。

 しかし、これを邪道などと思ってはいけません!