昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

吉野家で魚を堪能!? “牛の王国”に堂々と現れた「アジフライ丼」を注文してみた

食後にはまさかのケーキも!――<じゃない方のグルメ>

2019/09/19

日本橋にあった1号店に想いを馳せる

 考えてみてください、吉野家1号店は日本橋の魚河岸。

 100年以上の時を経て、本来いてもおかしくなかった魚たちが、ついに吉野家の仲間に入ったかと思うと、なんとも感慨深いものがあるじゃないですか。

 魚たちの100年間戦争がここにあるのです。

(ここに至るまで、長い間、朝食メニューという形で単身乗り込んでいた、鮭の貢献度も忘れてはいけません!)

最新のカフェ風の店内で、魚河岸の1号店に想いを馳せつつ魚を食べる。

 アジフライに続いて、鯖の味噌煮もさすがは吉野家!

 甘さとしょっぱさのバランスもよく、誰もが「これこれ!」と納得行く、ご飯がすすむ一皿。

 これまた完成度が高く、牛の王国にいながら魚フライ&煮魚をすっかり堪能。

 安定安心のメニューを我慢しても、絶対満足行く吉野家の「じゃない方」のメニューたちでした。

今こそ「じゃない方」にスポットを当てる時!

 どうです、ダイバーシティ(多様性)が叫ばれる現代社会、今まで「じゃない方」と、しいたげられていたメニューたちに、スポットを当てる時がついに来たのです!(そんな大げさな連載ではありませんが……)

 というわけで皆さんも、勇気を持っていつものお店でいつも「じゃない方」のメニュー、ぜひ頼んでみてください。

 それではまた次回!

 P.S.

 食後には、これぞもっとも吉野家「じゃない方」のメニュー! ケーキとカフェオレまで楽しんで帰りました。黒い吉野家、楽しいよー。

 

撮影=佐藤亘/文藝春秋

INFORMATION

吉野家 恵比寿駅前店
東京都渋谷区恵比寿西1-9-6 アストウルビル1F
03-5457-7441
年中無休、24時間営業

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー