昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

吉野家で魚を堪能!? “牛の王国”に堂々と現れた「アジフライ丼」を注文してみた

食後にはまさかのケーキも!――<じゃない方のグルメ>

2019/09/19

 みなさんこんにちは、小宮山雄飛です。

 この連載は、誰もが知っているお店の、誰もが食べたことのある定番メニュー「じゃない方」を食べるグルメコラム<じゃない方のグルメ>。

 記念すべき第1回目に訪れるのは、吉野家!

 吉野家と言えば牛丼、牛丼と言えば吉野家。

 そんな吉野家に、あえて牛丼「じゃない方」を食べに行ってきました。

やってきました、吉野家。吉野家と言えば牛丼でしょ!

そのメニューはカフェ風の「黒い吉野家」にある!

 恵比寿にあるこちらの吉野家は、通称「黒い吉野家」とも呼ばれるカフェ風の店舗。

 こちらに牛丼「じゃない方」のメニューがあると聞いて伺いました。

カフェ風の内装、お店自体が普通「じゃない方」の吉野家なのです。

 こちらにある「じゃない方」のメニューはずばり

 アジフライ丼!

 吉野家なのに牛じゃなく魚!

 吉野家なのに揚げ物!

 そもそも、アジフライは定食屋や居酒屋などでもよく食べますが、アジフライ丼というのはあまり見かけたこと自体ありません。

 揚げ物丼界においてもカツ丼や天丼「じゃない方」と呼ばれかねないマイナーなアジフライ丼が、丼界のホームラン王・吉野家の牛丼と対等に戦うことができるのでしょうか?(べつに丼たちは戦う気もないでしょうが……)

アジフライ丼あった!