昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「セクシー」発言の小泉進次郎氏 「何か言ってそうで何も言ってない話法」生みの親とは?

「小泉節 よく聞くと意味不明…」

2019/09/27

 ああ、小泉進次郎先生の面白さが遂にバレ始めた。

「熱い迷言? 小泉節 よく聞くと意味不明…/『言いそうなこと』盛り上がるネット」(東京新聞9月23日)

《父親譲りの熱のこもった演説で知られる小泉進次郎環境相だが、よく聞くと意味が通らない発言が目立つとツイッター上で話題になっている。》

 きっかけは福島の汚染土の最終処分場について問われた際に「三十年後の自分は何歳か、発災直後から考えていた。健康でいられたら(県民との)その三十年後の約束を守れるかどうかの節目を見届けることができる政治家だと思う」と答えたこと。これが「小泉ポエム」としてブレイクした。

9月17日、東京電力福島第一原発事故による汚染土の最終処分場について問われた時の「ポエム」が…

 そのあとツイッターでは、

《「赤を上げて、白を下げないとどうなると思いますか?そう、赤と白が、上がるんです」といった小泉氏が「言いそうなこと」を想像した投稿が相次ぎ、面白さを競い合う「大喜利」状態だ。》(東京・同)

 ネットの話題を早めに取り上げるのは東京新聞や毎日新聞が得意としている。実はこれは非常に重要な仕事だと思う。世の中にはSNSには関心がなく新聞だけを読む人もいるからだ。いや、まだまだ多数のはず。そういう読者にネットの話題も知ってもらうのは意義がある。

ふわっとした民意をつかむのは最強の進次郎氏

 私は以前に「ほんとうは怖い小泉進次郎説」を唱えたことがある。

 全国のおじちゃん、おばちゃんのもとへ行き「ネット圏外」で絶大な支持を集めていた進次郎。ふわっとした民意をつかむのは最強。各紙世論調査の「次の首相にふさわしい人、期待する人」では今もトップの進次郎。

©文藝春秋

 しかし実際に彼が何を考え、どんな価値観を持っているか多くの国民は具体的に知らない。政策をまとめた本も出版していない。首相候補では異例だ。

 そういう人がいつの間にか権力の座につき、急に何かやりだしたら「怖い」ではないか。だから「ほんとうは怖い小泉進次郎」なのである。