昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

人間がだまされる音!? 猫の「ゴロゴロ音」に隠されたメッセージとは?

『猫脳がわかる!』「独特な“ゴロゴロ音”はどうして出るのか」編

2019/09/30

猫はあの手この手で自分の願いを叶えるちゃっかり者

 こうしてみると、この独特なゴロゴロ音は、猫が他者に送るメッセージなんですね。確かにネガティブな意味を伝える状況もあるようですが、飼い猫だと、やはり飼い主に甘えるときにゴロゴロ鳴いていることが多いようです。飼い主が毛布など柔らかい布をかけてリラックスしているとき、猫は前足を交互に揉むように動かす「ふみふみ」と呼ばれるしぐさを見せます。これは子猫が母猫のお乳を飲むときに、お乳がよりよく出るようにしていた行動の名残。このとき、たいてい猫はゴロゴロ鳴いています。ふみふみとゴロゴロはまるで「甘え」セットのようです。このセット行動は、子猫気分が強いときの飼い猫ならではのもの。表情を見ると、うっとりとして恍惚状態になっています。飼い主を母猫に見立て、思い切り甘えているんですね。可愛いじゃありませんか。

©文藝春秋

 こうやって人は騙されるという研究結果が、2009年、イギリスで発表されました。なんでも、ゴロゴロ音とニャーニャーの鳴き声を混ぜた録音を50人に聞かせたところ、多くが、通常の鳴き声より緊急性を感じたというのです。つまり甘えるときのゴロゴロ音と、要求のときのニャーニャーという高い鳴き声をうまくミックスさせることによって猫が、ちゃっかり自分の願いを叶えているというわけです。

©文藝春秋

「ごはんをくれ~」という要求を通すために、あの手この手を繰り出す猫。人よりも一枚も二枚も上手な感じがするのは、私だけでしょうか。

猫脳がわかる! (文春新書)

今泉 忠明

文藝春秋

2019年9月20日 発売

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー