昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ノーベル賞すら通過点! “現代テクノロジー社会の神”吉野彰71歳が思い描く「未来の世界」

われわれは吉野氏の“球”を打ち返せるだろうか?

2019/10/11

 野球における投手と捕手の組み合わせも、電池も「バッテリー」と呼ばれる。投手と捕手の間を行き来するのはボールだが、電池ではプラス極とマイナス極の間をイオンが行き来する。

 簡単に言えば、リチウムイオンをキャッチボールするのがリチウムイオン電池だ。リチウムイオンは打ちやすく飛びやすい“ボール”なので、それで野球が可能だと提唱したのがマイケル・スタンリー・ウィッティンガム米ニューヨーク州立大学卓越教授、優れた投手を見つけたのが米テキサス大学教授、そして安定感のある捕手を見つけてキャッチボールを成立させたのが吉野彰旭化成名誉フェローである。

 スウェーデン王立科学アカデミーは9日、この3人に2019年のノーベル化学賞を授与すると発表した。

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さん ©AFLO 

テクノロジー社会を根底から支える土台を築いた

 筆者は2年前の2017年6月にジャーナリストの立花隆氏と共に吉野氏を取材した。旭化成が日比谷に本社を戻す前、神田神保町に仮住まいしていた頃である。

 当時すでに吉野氏のノーベル賞受賞は時間の問題と見られていた。私も何度か日本人のノーベル賞受賞予測記事を書いたことがある。しかし、吉野氏を候補から外したことはない。

マイケル・スタンリー・ウィッティンガム氏、ジョン・グッドイナフ氏との同時受賞になった ©AFLO

 私は幸運にもノーベル賞候補と言われる何人かに取材した経験があるので、「大物」研究者には慣れているつもりだ。「大物」とされていても、実際に会うと、気さくでユーモアにあふれ、偉ぶらない人が多いことも知っている。

 しかし、吉野氏との初対面には緊張した。何しろ周囲を見わたせば、ありとあらゆるところで吉野氏の発明品が目に入るのだ。現代テクノロジー社会を根底から支える土台を築いた人である。ある種の全能感を持っていたとしても何らおかしくない、非常に稀有な立場にある人である。