昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

雅子さま“一夜明けてリラックスモード”の理由 10・22ローブデコルテをお召しになるまでの「2着のドレス」

2019/10/24

genre : ニュース, 社会

 10月22日、天皇陛下が国内外に即位を宣言される「即位礼正殿の儀」が皇居・宮殿で行われた。「御帳台(みちょうだい)」にお立ちになった雅子さまの緊張された面持ちは、深く印象に残った。

 夜に行われた祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」では、ゴージャスなローブデコルテをお召しになった雅子さま。光沢感のある素材と、バラの花がデザインされたようにも見えるフリルがとても華やかだった。

「饗宴の儀」に臨まれる天皇皇后両陛下

オランダ国王の即位式 淡いアイボリーのローブモンタント

 天皇皇后両陛下が出席者からあいさつを受けられる中で、オランダのアレキサンダー国王夫妻との再会の場面からは、双方の喜びが伝わってくるようだった。2013年春に、アレキサンダー国王の即位式へ出席されたことが、長期療養中の雅子さまにとって大きな自信につながったと解釈している関係者は多い。出席を後押ししたのは、民間出身で元銀行員のマキシマ王妃(当時は皇太子妃)からの直接の電話だったと言われる。

天皇皇后両陛下とオランダのアレキサンダー国王夫妻 宮内庁提供

 雅子さまが即位式でお召しになったのは、淡いアイボリーのローブモンタントだった。オランダご訪問を直前に決断されたことから、新調されたものではなく、10年以上前のオートクチュールだったという。

©ロイター/AFLO