昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

BEAMS×週刊文春 FASHION is SCANDAL!!

2019/11/03

ビームスの社名の由来は「嫌がらせ」?

 冒頭の“屋台”発言が飛び出したのはこのあとだった。公式にはビームスの創業は1976年。現ビームス 原宿の場所に設楽社長の父・悦三氏が6坪の店舗を構えたのが始まり。当時電通に勤めていた設楽社長は陰ながら父の事業を助け、83年に正式入社。ヨーコの話が事実とすると、10代から屋台でTシャツを手売りしていたことになる。

 設楽社長はこう答えた。

「あの頃、お嬢様学校に通っていたヨーコさんは、オープンカーから屋台を引く僕に手を振ってくれました。チップまでいただいて……」

 観客、社員にどよめきが起こる。ヨーコは続けた。

「あなた、オフィスビルの窓に懐中電灯をあてて、嫌がらせをして服を売っていたのよね。ビームのように照らすから“ビームス”って名前になったの」

 ビームスの社名は設楽社長の父の会社名「新光」から「光」の文字をとって付けられたはずだが―。

2人の付き合いは50年以上?

 なお、ヨーコはお笑い芸人・ロバートの秋山竜次が「クリエイターズ・ファイル」で演じる“憑依芸”の代表的キャラクター。ビームスの成り立ちは、公式発表を信じるべきなのは言うまでもない。

週刊文春が迫る、BEAMSの世界。 (文春ムック)

週刊文春

文藝春秋

2019年10月29日 発売

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー