昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【動画】田代まさしが披露した”薬物替え歌”フルバージョン「握手したらパケ渡されて……」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 11月6日、覚せい剤所持の現行犯で宮城県警に逮捕された元タレントの田代まさし容疑者(63)。今年5月末、静岡県浜松市内の飲食店のステージで薬物をモチーフにした替え歌を歌う田代の映像を「週刊文春デジタル」が入手した。

ステージに立つ田代まさし ©文藝春秋

「この日、田代さんは50分のステージを2回してくれて、大盛況で50人程のお客さんが集まりました。年齢は40代~60代でラッツ&スターファンのお客さんとは一緒にカラオケ曲を歌うといったサービスもしてくれました。お店の宣伝VTRにも出てくれた。大盛況だったから、『来月もお願いしよう』とちょうど話していたところだったんです」(店舗関係者)

 白い帽子とジャケットにファーをまとってステージに立った田代、ピン芸人のヒロシを真似して、「まさしです」「くわまんに連絡をかけたら着信拒否でした」と自虐ネタを披露したという。

ラッツ&スターの曲も歌うなど田代はサービス精神旺盛だった ©文藝春秋

 披露したのは、PUFFYの大ヒット曲「アジアの純真」の替え歌。薬物をモチーフにした、こちらも自虐ネタだった。