昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【来年の「桜を見る会」は中止】 官邸もコントロールできなかった「桜を見る会」参加者のブログ発信

今こそ「桜を見る会を見る会」を

2019/11/13

genre : ニュース, 政治

 面白いコラムがあった。「日本の政治家は潔い?」である。11月5日の産経新聞でソウル駐在の黒田勝弘記者が書いていた。

 韓国メディアが日本の政治家を珍しくほめているという。何を?

「即位礼正殿の儀」に参列した安倍晋三首相夫妻

《夫人の公選法違反疑惑で引責辞任した河井克行前法相のことで、「任命責任」から国民にわびた安倍晋三首相もついでにほめられている。理由は韓国でも法相をめぐる“チョ・グク・スキャンダル”が大問題になっているからだ。そこで「日本人は潔い。それに比べるとわが国は何だ!」というわけだ。》

 読んでしみじみしてしまった。やはり、あのことわざは正しい。「隣の芝生は青く見える」。

河井克行氏 ©︎AP/AFLO

 日本の法相は潔いのに韓国の法相は! というらしいけど、いえいえ、日本の河井前法相も辞めただけでまだ何も説明してませんから。国民にろくな説明をしていないという点では韓国も日本も同じ。それどころか河井氏の妻には新たにこんな報道が出てきた。

「河井案里氏、広島県議に現金か 春の選挙中、公選法違反指摘も」(中国新聞デジタル11月8日)

河井案里氏 ©︎AFLO

 韓国メディアがさらに感心するように夫婦揃って「潔い」説明を聞きたいものである。

河井前法相も、菅原前経産相もなぜ「説明」しない?

 だがここまで書いて思った。

 河井前法相も、菅原前経産相も「辞めただけでまだ何も説明はしていない」とつい思ってしまう。でももしかしたら、

「会見させてもらえない」

 のではないか? 官邸のアンダーコントロールで。

 それが強烈に匂うのは萩生田氏の件でわかる。次の記事を紹介する。