昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1冊3000万円も ネット右翼のビジネスモデル――なぜ私は「愛国商売」と決別したか

「保守系言論人」の財布の中身 #1

2019/11/14

genre : ニュース, 社会

 現在、テレビ・ラジオなど多方面で活躍する文筆家・古谷経衡氏(37)が、およそ10年前、ブレイクする足場を築いたのがインターネットで新たな展開を見せていた保守論壇だった。いわゆる黎明期の「ネット右翼」である。その後、ヘイトスピーチの温床になった古巣に対し、深い反省をもとに小説として上梓したのが『愛国商売』(小学館文庫)である。現在は「2度とあの業界には戻らないし戻りたくない」と指弾する古谷氏が、小説の舞台となった「愛国ビジネス」の内実を明かす。

◆◆◆

「ネット右翼」最も多い職業は中小零細企業の自営業者

 私の独自推計で日本全国に200万~250万人存在するネット右翼の中で、最も多い職業は中小零細企業の自営業者で、次に会社役員・管理職などが続く。社会的には中産階級が主流で、決して貧者の巣窟などではない。丸山眞男のいう「日本型ファシズム」を支えた「中間階級第一類(零細企業経営者、工場管理者や主任、独立自営農民、下級官吏など)」とうり二つなのが彼らの実態だ。

 もはや「インターネットで右派的な言説やコメントをする人」と定義することが難しくなるほど肥大化したネット右翼は、現在では公道でのヘイトスピーチ、自治体や運営体への脅迫(逮捕者も)、はたまた選挙制度を利用して立候補も行なうなど、到底「インターネットの中で…」という風にくくることが難しくなった。

2015年秋葉原で外国人へのヘイトデモを行なう団体(※本文とは直接関係ありません)。 ©AFLO

 そこで私は(これまで再三再四様々な媒体で述べているが)ネット右翼の定義を、「保守系言論人(自称)」の言説に無批判にぶら下がる(寄生する)ファン、と再定義することによって解決している。星の数ほど存在する所謂「保守系言論人」は、右傾雑誌・SNS・ネット動画番組の「三位一体」の中で寡占的地位を占めることで、その下に膨大なファン層を獲得することにより、生活の糧にしている。まさにこの無批判に寄生するファン層こそがネット右翼の本体なのである。

 では、そのネット右翼に「寄生される」側の保守系言論人が、いかにして彼らから生活の糧秣を搾り取っているのか。その実態はほとんど知られていない。

 これは、所謂「保守論壇」に長年身を置いた私にしか書けない分野であろう、という事で今般、そのまさに「愛国商売」ともいえる赤裸々な「保守の世界」の生活構造をエンタメ的に面白おかしく長編小説に仕立て上げたのが拙著『愛国商売』であるが、こちらはあくまで登場人物・法人の全てがフィクションであるので、参考程度に楽しんでほしい。本稿では、保守系言論人の財布の中身の省察、として筆を進めることにしたい。

平均年収440万円よりももっと儲かる

 結論を言えば、「愛国商売」は社会通念上、一般的な給与所得者(※平均年収440万円、2018年国税庁調査)よりももうかるし、うまくやればとんでもない額のゼニが転がり込んで来る世界だ。私は5、6年位前から「カネの為に左翼(ネット右翼用語ではパヨク)に転向した」とさんざん言われ続けてきて、その根拠のない謗りは現在進行形で散見される(とはいえ一時期よりはずいぶんと減ったようだが)――馬鹿を言ってはいけない。