昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/11/15

一部掲載料が発生していたことは確認済みです

 しかしながら、実際には、一連の「血液クレンジング」記事をせっせとはあちゅうさんのブログ「はあちゅう主義。」で書き続けている最中の2012年10月19日にトレンダーズ社は東証マザーズ市場に上場し、はあちゅうさん自身もまた9,000株を持ち、当時5,000万円ほどの株式上場益を得ています。

 その後、何があったのか詳しくは存じませんが、当時の経営者であった経沢香保子さんが経営から離脱、はあちゅうさんも編集長を降りて退職し、この美容サイト自体も他社に譲渡されてしまい、この企業の個人持ち株上位であったはずのはあちゅうさんの名前は大量保有計画書から忽然と消えて、全米が泣いた。どういうことなんだよ。もちろん、現在は経沢香保子さんもはあちゅうさんもトレンダーズ社にも「キレナビ」にも無関係になり、もう問題はありません。あくまで2012年当時、の話です。

©iStock.com

 一連の流れは、これらの美容サイトの大口顧客であるクリニックからの売上を何とか積み、マザーズ上場に漕ぎ着け、そして上場即下方修正などという話にならないよう編集長として頑張って売上を確保するため自ら身体を張ったのでしょうか。なお、問題になった医療クリニックは、クーポンランキングの上位であり、一部掲載料が発生していたことを、私は2012年当時直接取材をして確認済みです。

 最前線でフランス国旗を振りながらステマまがいに騙された人の死体を踏み越え民衆を率いる自由の女神の面目躍如だと思うんですよ。真面目に取り組んだ結果、はあちゅうさんに「あっ、自分のメディアを駆使してでもバンバン煽ってイカれたキラキラ女子動員して美容クリニックに連れていかねば」的な気持ちがあったのではないかと。

 

ものすごい頑張り屋で、向上心が人一倍強い

 このあたりの話を突き詰めれば、はあちゅうさんが力強く喝破する「人生全部コンテンツ」というテーマは、極めて強い覚悟表明だと思うのです。この人、すげえこと言い切りやがったぞ。

 私が好きなはあちゅうさんの書き込みにこんなのがあるのですが、彼女はものすごい頑張り屋で、向上心が人一倍強く、志がはっきりある人なのです。で、どんどん上に行こう、もっと先に進もうと、はあちゅうさんは常にもがいている。自分の地位が社会的に上がることを志しているのに、上がるのはネットで炎上した黒煙ばかりな気もしますが、そういうネットに残るスティグマこそ、はあちゅうさんが懸命に、私たちと同じ時代を生きた証なのではないでしょうか。

[引用] 志が同じ人とだけつるめばいい。全方位にいい顔することない。自分が上にいけば、これまで同じ場所にいたはずの人たちが悪口を言ったり足を引っ張ることもある。それでも自分が目指す場所だけ見て進めば景色が変わる。気づけば足を引っ張る人たちは、はるか遠くでまだ誰かの悪口言ってるだけなはず。
https://twitter.com/ha_chu/status/951038083088003072