昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【撮り直しすべき(賛成)――384票】

 やはり罪を犯した人間を出演させることに抵抗を示す意見が多かった。

「子供に犯罪者を見せたくないので開始が遅れてもいいから撮り直してほしい」(50・女)
「公共放送なら尚更、犯罪者を公共の電波で流してはいけないと思う」(46・女)

 そして、「薬物使用NG」などの犯罪を認識させるために今回の出演中止は重要だとする意見も。

「社会的影響力の大きい人物であり、薬物はNGというメッセージを発信する象徴的な措置として撮り直すべき」(28・男)
「罪を犯した人間が反省することなく、出演し続けることは社会秩序的に良くない」(63・女)

大河ドラマを放送する日本放送協会 ©iStock.com

 沢尻エリカ容疑者自身に対する厳しい声も多かった。

「いくら何でも『10年以上使用』は悪質すぎる。裏切られた気持ちで、もう見たくもない」(58・男)
「共演者・スタッフさんは何も悪くない。再撮などにかかる費用などはすべて沢尻エリカが負担すべき」(37・女)

視聴者が選ぶ「代役」アンケートも実施

 そしてNHKは21日、沢尻エリカ容疑者(33)の代役に川口春奈さん(24)が決まったと発表した。もともとネット上では“代役予想合戦”が展開されていて、大河ドラマ出演経験者から沢尻エリカ容疑者の同世代の女優、意外なサプライズキャストを期待する声などがあった。

一部報道で代役候補にあがっていたという剛力彩芽 ©文藝春秋

 そこで今回のアンケートでは「もしあなたが依頼するなら誰を代役に起用しますか?」という項目も任意で聞いていた。すでに代役は決定しているが、読者の皆さんがどんな予想をしていたのか。こちらも発表していこう。