昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 ランキングで1位になったのは、最近TVCMや舞台、音楽活動など活躍の場を増やしている のん だった。一部報道で、候補にも上がっていた菜々緒(30票)を上回る圧倒的得票数(58票)となった。

 

 理由には「伝説の朝ドラでヒロインを務めた、確かな演技力と華やかさをみせてほしい」「新しい演技をするのんちゃんを見てみたい」「視聴者の期待を上回る演技を見せてくれそう」などの声があった。

のん ©文藝春秋

 2位は、現在放送中のドラマ『4分間のマリーゴールド』ヒロイン役でモデル・女優の菜々緒がランクイン。「沢尻エリカさんにどこか似ている」「悪役で培った強さを濃姫で表現してほしい」などの声があった。

 3位はタレント・DAIGOの妻で女優の北川景子(24票)。「沢尻に負けない美しさと、彼女の凛とした佇まいがイメージ通り」「大河ドラマ(『西郷どん』)にも出演経験があり、演技力も素晴らしいから」という意見があった。

北川景子 ©Getty

 続く4位には大河ドラマ主演経験のある柴咲コウ(『おんな城主直虎』・23票)。同票数で最近ZOZO前社長の前澤友作氏(43)との破局が報じられたばかりの剛力彩芽が入っており、今年の紅白司会を務めることが発表された綾瀬はるか(『八重の桜』・20票)が6位という結果だった。

綾瀬はるか ©文藝春秋

 大河ドラマ『麒麟がくる』1月5日の初回放送まであと1ヶ月あまり。川口春奈さんは2009年フジテレビ月9『東京DOGS』で女優デビューしてから今年で10年。思い切って川口さんにしか演じられない濃姫役を誕生させることを期待したい。

(#2ではアンケート結果について、映画監督の大友啓史さんに感想を聞いています)

この記事の写真(10枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー