昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『マチネの終わりに』映画化対談 福山雅治が「かなり悩みました」と明かすシーンとは?

原作者・平野啓一郎と語る“押し切れなかった恋の思い出”

こんな関係、福山さんにもありますか?

平野 SNS等を見ていると、皆さん押し切れなかった恋の思い出も過去に一つや二つあるようですね。リアルな関係にならなかったからこそ尾を引いているような関係、福山さんにもありますか?

福山 あります。成熟した大人の男ですから(笑)。

©文藝春秋

平野 それもまた人生ですよね。今さら今の人生を否定できないし。

◆◆◆

 意気投合した二人の話は、二人の愛用するクラシックギターや、蒔野の内面の演出についての福山さんの試行錯誤、平野さんがスタジオ見学に来た際の「かっこいい」エピソードへと広がっていった。二人の対談「福山雅治×平野啓一郎『まさか自分の作品で泣くとは』」は「文藝春秋」12月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

出典:「文藝春秋」12月号

 福山さんが「映画も何度も観てもらいたいですし、小説も何度も読んでほしい」と語る『マチネの終わりに』、秋の夜長のお供にお薦めしたい。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
文藝春秋

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z