昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

90分で地球1周! 様々な宇宙の写真をツイッターにあげたけど「伝えられなかった」こと

『宇宙から帰ってきた日本人 日本人宇宙飛行士全12人の証言』油井亀美也さん

2019/12/07

なぜ人類は空に飛び立つのか

   「人はなぜ宇宙に行くのか」という問いに対して、油井は次のように答えるのだった。

   「人間には活動の場を広げていく本能みたいなものがあると思います。もしその本能を社会が否定してしまえば、人類の存在意義が危うくなるのではないか、と私は思っているんです。

 地球の全てを使い果たし全てを知り尽くしてしまい、ずっと同じような活動をしていたら、人類の未来はどうなるんだろう、という漠然とした不安があります。それがなくなってしまえば、精神的にも荒廃するように思います。文学も芸術も娯楽もどんどん内向きに衰退していってしまうのではないか、と。活動の場が広がる可能性や場があるからこそ、そこに夢を見出せるし、新しいことをしてやろうという気持ちも出てくる。だからこそ、人は宇宙に魅せられるのだと思います。

 宇宙を見るとワクワクする人が多いのは、そこに無限の広さがあるからでしょう。無限の広さとは無限の可能性であり、宇宙には未来が広がっていると感じる。私はいつかは人間は遠くに行くし、そうでなければならないと思っています。資本主義も新たな価値や活動の場を見出していかないと成り立たないシステムであるわけです。人類が宇宙に行ける可能性を見出せれば、人類の未来は明るいし、そうでなければ衰退してしまう。

 それに宇宙にいるとき、月を見たり、惑星の写真を撮ったりしながら、私自身がもっと遠くに行きたいと思った。とにかく遠くに行きたくてしょうがなかったんです」

 人はなぜ宇宙へ行くのか――。

 日本人宇宙飛行士は何を見たのか、史上初・歴代12人の飛行士への総力取材を行った『宇宙から帰ってきた日本人』発売中。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー