昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《未成年者誘拐続出》“神待ち”家出少女を待ち受ける男たちの本性「すぐには関係を持たない理由」

大阪小6女児誘拐事件で社会問題化

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 家出少女が、寝泊まりする場所や食事を無償で提供してくれる“男性=神”を、SNSなどを通じて探す“神待ち”が、いま社会問題になっている。

「マスコミで“神待ち”の家出少女の事件が報じられると、SNSには少女たちの“神待ち”の書き込みが明らかに増える。11月に立て続けに事件が起きても、マスコミの報道が抑止力になっていないのが現状です」

 そう語るは、家出少女など心に傷を負った10~20代の女性を支援する東京のNPO法人「BONDプロジェクト」統括役のタダケンジロウ氏だ。

 11月には、大阪で行方不明になっていた小学6年の女児(12)が、SNSで知り合った男に「うちに来ないか」と誘われ、栃木県内で保護される事件が発生。未成年者誘拐容疑で伊藤仁士容疑者(35)が逮捕された。また埼玉でも、中学生の少女2人を「勉強するなら養ってあげる」と誘って借家に住まわせていた不動産業の阪上裕明容疑者(37)が同容疑で逮捕されている。この事件も、被害少女は男からSNSを通じて誘い出されていた。

11月24日に行われた伊藤容疑者の家宅捜索 ©文藝春秋

一軒家に女の子5、6人を泊めている男

 昨年1年間で、SNSを通じて1万件以上の相談が寄せられたBONDプロジェクトには、“神待ち”に絡む相談も少なくない。タダ氏が語る。