昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「グレタさんに、叱られる」日本の環境後進国ぶりを嘆く

そしてなぜマウンドには小泉進次郎が登っているのか

2019/12/19

 北欧の若き環境活動家であるグレタ・トゥーンベリさんは、もはや説明が不要なぐらい有名な16歳少女です。少女というよりは猛女みたいな感じになっていて、これがこのまま40歳まで成長を続ければ凶暴なマツコ・デラックスみたいな仕上がり具合になってしまうのでしょうか。

 凄い形相をしながら各国指導者の環境無策っぷりを国連総会の壇上でなじるグレタさんの勇ましい姿には「あ、こういう感情的な感じ、うちのお袋に似ているな」と程よい共感を覚えました。

COP25に参加するためヨットで大西洋を横断。ポルトガルに到着したグレタさん ©AFLO

その過激な発言に賛否両論

 もっとも、世界ではこのグレタさんの過激な言論をめぐって賛否両論です。環境問題も専門にするジャーナリスト・志葉玲さんは、グレタさんがいまここにいる価値は「一切の妥協のない、極端とも言える言動で、各国で温暖化防止について議論を呼び起こしている」からであると喝破しました。世界的な環境問題に人類が対応していくには、国を超えてみなが行動を変えるきっかけが必要で、それこそがグレタさんだということでしょう。

ホリエモンよりグレタさんは「760万倍賢い」―温暖化防止「飛び恥」の衝撃(志葉玲)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20191213-00154732/

 名指しで馬鹿にされている堀江貴文さんのほうも、科学技術が進展することで環境問題は改善するのだ、グレタさんは方向性を間違えているという話をしていて、まあこれはこれで正論です。

ドイツ鉄道公式まで「ファーストクラスに座っていた」と発表

 世界で起きているグレタ批判を見てみると、たいていにおいて環境問題という大テーマを未成年の少女に叫ばせる政治的汚さを指摘する声は大きくあります。要は、ヒステリックな少女に叫ばせれば、それを批判する人は少女をイジメているように見える、この時点でテーマを冷静に議論する資格を欠いていると言いたいのでしょう。問題は地球の環境をどうするべきかなのに、こんなキワ物が出てきて喚き散らしたら少女対その他の問題に収斂してしまい、肝心の環境問題がおざなりになってしまいかねません。グレタさんが面白すぎて。

 トランプ大統領やプーチン大統領もグレタさんを無視できず国家トップ自らが論評や批判を加え、グレタさんを批判する筋はその欺瞞に憤りを隠しません。ドイツの満員列車に乗って移動する苦労をグレタさんがTwitterに綴ると、それを見てイラついたドイツ鉄道の職員が「親愛なるグレタさん、気候変動と闘っている私たち鉄道労働者を支援してくれてありがとう」「ファーストクラスでグレタさんをもてなした、フレンドリーで有能な弊社スタッフについても触れていただけたら良かったです」と投稿していました。

「とても混雑した列車でドイツを移動中。ようやく家に帰れる」(グレタさんのTwitterより)

 それだけでなく、ドイツ鉄道公式アカウントまで「フランクフルト以降はファーストクラスに座っていた」と発表し、省エネルギーを訴え慎ましく移動しているように見せかけたグレタさんが、単なる環境保護推進派のマーケティングツールに過ぎないのでは、というインチキ感までもたらすことになりました。